本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「習慣が10割」吉井 雅之

(2018年12月10日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

習慣が10割


【私の評価】★★★★★(95点)


■会社員時代の著者は、
 何事も続けることができない
 ダメ人間だったという。


 良い習慣を始めても
 言い訳を見つけては、
 挫折するのでした。


 これはまずい!と思った著者は、
 「上司に叱られたので挨拶したくない」
 「今日は寒いからランニングは休む」
 など「言い訳リスト」を作って、
 机に張り出しました。


 書き出した言い訳は400個。
 いかに著者がダメ人間だったのか
 わかります。


 著者は、「言い訳リスト」を直視し
 言い訳を言わないように
 努力したのです。


・「自分には無理だ」「どうせうまくいくはずがない」そんな言葉が口グセになっている人はいませんか?(p24)


■自分の言い訳グセを意識することで、
 著者は言い訳ばかりの人生から
 脱出することができました。


 少しづつ小さな良い習慣を増やしていき
 続けることのできる人間に
 なっていったのです。


 自分で決めたことを続けることで
 続ける自信を持った自分を
 作り上げたのでしょう。


・続けられたという記憶が増えれば、別のことをやろうとした時も、「自分はできる!」とワクワクしたり、楽しんだりできるようになります(p88)


■ほんの小さな習慣が、
 人生を変えるのだと思いました。


 人間に大きな差はありません。
 習慣に大きな差があるのです。


 人間の大きな可能性を教えてくれる
 一冊でした。★5とします。


 吉井さん
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・今から始める習慣の積み重ねで、未来の自分を作り上げればいい(p29)


・「どんなに小さいことでもいいから,何か1つ続けてみなさい」(p39)


・重要なのは、約束の内容を「自分で決める」ということです(p33)


・重要なのは、「何を続けるか」より、「自分で決めたことを守ることができた」という実績を作ることです(p88)


・まずは「小さな習慣」から始める・・・
  ・早起きする
  ・日記をつける
  ・通勤時間に本を読む
  ・脱いだ靴を揃える
  ・職場の人に自分から挨拶する
  ・目の前のゴミを拾う(p87)


・ゲーム感覚でやる・・・「一人の相手に100日間ハガキを出す」・・・1日1枚ずつハガキを出して、100枚出したらゴールに到達する・・ハガキに通し番号を振っています(p102)


・ぜひ「やりたいか」か「やりたくないか」かの感情を大切にしてください。「やりたい」と思えることなら、脳がワクワクを感じて、楽しく続けられます(p131)


・習慣とは、すぐに結果が出るものではありません。それでも続ければ、あなたを確実に理想の自分に近づけてくれます。あとは、あなたが習慣の持つ力を信じるだけです(p146)


・「はい、やってみます」は、お勧めの決め言葉です。上司に仕事を頼まれたら、「はい、やってみます」。チームリーダーを指名されたら、「はい、やってみます」。(p160)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


▼引用は下記の書籍からです。

習慣が10割
習慣が10割
posted with Amazonアソシエイト at 18.12.09
吉井 雅之
すばる舎 (2018-11-21)
売り上げランキング: 952


【私の評価】★★★★★(95点)


[楽天ブックスで購入する]



■目次

第1章 人生は「習慣が10割」
第2章 なぜ、あなたは続けられないのか?
第3章 意志が弱い人でも続く! 「最強の習慣化」スキル
第4章 「脳の力」で、習慣を超強力にする
第5章 習慣の力で、「あなたの人生」が動き出す



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: