「成功する社長が身につけている52の習慣」吉井 雅之

| コメント(0) |

成功する社長が身につけている「52の習慣」 (DO BOOKS)

【私の評価】★★★★☆(87点)


■会社は99%社長で決まるという。


 大人を元気にするコンサルタントに
 成功している社長の特徴を教えてもらいましょう。


 まず、成功社長は、
 未来の成功が見えているかのように
 行動するそうです。


 つまり、素晴らしい未来を
 創り出してしまう。


・どう見ても困難な問題が目の前に現れたとしても、
 平気な顔で、「これでわが社も、また一段と成長するなあ
 とおっしゃっています(p33)


■儲かるよりも、貢献できるか。

 儲かるよりも、喜んでいただけるか

 儲かるよりも、社員がイキイキしているか。


 成功する社長は、
 どうすればみんなに喜んでいただけるか
 ひたすら考えているのです。


 コスト削減を考える暇があったら、
 お客様にどう喜んでいただけるのか、
 考えているのですね。


・「どうやったら儲かるか?」ではなく、
 「どうやったら、他者への貢献ができるか?」(p103)


■成功社長は、よいことは
 なんでもやる人のようです。


 本を読む。

 著者に会う。

 すぐにお礼の手紙を書く。


 気づいたら即実行
 これが大事だと思いました。


 吉井さん、 
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・成幸者の受信は常に
 「あの人にできるのだから、私にもできる」(p28)


・「やる気暗示」の魔法の言葉・・・
 君たちは、やればできる
 君たちを信じているよ(p67)


・子どもの頃、どう見ても、お母さんは苦労ばかりして
 幸せではないと感じて、母に聞いてみたことがあるの・・・
 毎日生かされて、健康で働くことができて、
 何よりあなたがいてくれる。幸せですよ(p86)


・反省とは、未来に向かってするもので、
 過去に向ってするものではありません(p127)


・成幸社長は、本を読んでピンときたら、
 すぐにその著者に会いに行きます・・・
 すぐに動いて確かめるのです。
 あなたは、足を運んでいますか?(p157)


・成幸社長の昼食タイムは、
 いつも誰かと一緒に食事をしていらっしゃいます(p170)


・理想の自分を演じきる・・・
 あなたも「即変身、即実行」を
 意識してみてください(p192)


・"本気"の定義とは、
 1 自分で決める
 2 決めたことをやり続ける
 3 やり続けていると、楽しくなってくる(p193)


成功する社長が身につけている「52の習慣」 (DO BOOKS)
吉井 雅之
同文館出版
売り上げランキング: 312,355

【私の評価】★★★★☆(87点)

■目次

1章 「成幸習慣」を身につけよう
2章 成幸社長の受信習慣
3章 成幸社長の言語習慣
4章 成幸社長の思考習慣
5章 成幸社長の発信(行動)習慣
6章 成幸社長になるために


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)