本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「これからの生き方。自分はこのままでいいのか?と問い直すときに読む本」北野唯我

(2020年9月 1日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★★(91点)


内容と感想

■雑誌編集部の女性キャリアと
 古参のおじさんとの対立。
 日本を代表するショコラティエと
 パリ帰りの弟子の行き違い。


 こんなビジネス物語をマンガで読んだ後に、
 自分の価値観を書き込むワークを行ない、
 自分の生き方を再確認する一冊と
 なっています。


 確かに、職場というものは、
 大きな年の差と多くの価値観を
 持った人たちが、利益を求めて
 織りなす共同作業です。


 嫁姑と同じように価値観が違うので、
 衝突するのは当然のことなのでしょう。


・職場での衝突や、人との衝突というのは、この価値観の違いによって起きている(p211)


■この本では、自分や職場の人たちの
 価値観を書き込みワークがあります。


 面倒くさいと感じるかもしれませんが、
 職場がうまくいっていない人には
 必要なワークかもしれません。


 大事なのはワークを通じて
 自分の価値観を知ることです。


 自分の価値観を知ることで
 自分の「大きな方針」は何んなのか、
 これから何をしていくのか、ということを
 考えるきっかけになるのではないでしょうか。


・自分にとっての本来の「大きな方針」は何かというと、当然ですが、自分の価値観に基づいた、生き方そのものであり、その生き方を実現するための方法論だと思います(p224)


■職場でも家庭でも、自分の価値観と
 相手の価値観を大切にすることが
 大事だと感じました。


 そして自分の価値観を大切にすると
 決めれば、職場でも、趣味でも、家庭でも
 何かが変わるように思います。


 生き方の参考とワークの組み合わせと
 よく考えらている一冊でした。
 星5とします。


 北野さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・小さい頃にバカだってけなされた人が、あとあと、すごい人になったり・・・だから、マー君も意外と、すごいシェフになるかもよ(p33)


・人は自分に期待を持ちえるかどうか、で目の前の一歩への執着心が変わる・・・人は自らや他人に期待するから、ときに育ち、裏切られたと感じるのだ(p99)


・月に1人、誰かの話を聞きに行く、全く違う仕事をしている人や、起業家や事業家、アスリート、アーティストなどの本を読む・・・人が自分がしたいことが見つからないのは、ほとんどの場合において、まだ十分に他種多様な人間と出会っていない(=判断材料がない)だけだからです(p233)


・休みの日に何をしているのか、他の人が何も動いていないときに、何をしている人なのか、そこにその人の本質が表れるものです(p248)


・私たちが夢を追う人の熱い姿を見て感じるように「コスパなんて無視してでも、やりたいことを一つでも持っていること」は、明らかに人生を魅力的にします(p275)


・生き方、それは価値観を体現した「習慣」そのものを指します(p263)


・自分がぶれないように生きるためには、自分のなかで何度も復唱できるような、自分なりの使命や信念を持つこと、だと思います。そして何度も復唱することです。これが重要です(p240)


・大事なのが、「応援したい人や、テーマを探すこと」だと私は考えます。応援したい人や、テーマを持つことは、人生を明らかに豊かにしてくれます(p232)


・副業・・・重要なのは「副業や趣味を使って、本業では満たせない価値観を満たすこと」(p217)


・自分が何者でもなかったときに支えてくれた人こそ、大事な人だから、感謝の気持ちを忘れないように・・(p一九)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

北野唯我、世界文化社


[楽天ブックスで購入する]


【私の評価】★★★★★(91点)



目次

第1章 漫画編(物語編)
第2章 ワーク編(自己分析編)
第3章 独白編(生き方編)


著者紹介

北野唯我(きたの・ゆいが)・・・兵庫県出身、神戸大学経営学部卒。就職氷河期に博報堂へ入社。ボストンコンサルティンググループを経て、2016年、ワンキャリアに参画。現在取締役として人事領域・戦略領域・広報クリエイティブ領域を統括。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: