本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「転職の思考法」北野 唯我

(2020年9月10日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(89点)


内容と感想

■転職する人が増えてきました。
 日本全体でいうと2人のうち1人が
 転職するという。


 転職を考えるときに大事なのは
 自分の専門性を考えることでしょう。


 自分の仕事は、弁護士やエンジニアの
 ようなプロフェッショナル型なのか、
 総合商社のような大企業型なのか、
 タレントや有名ライターのような
 ニッチスター型なのか。


 私の場合は大企業型で育てられましたが、
 プロフェッショナル型を目指している
 というところでしょうか。


・自分の好きなこと、苦にならないことを「ラベル」にせよ・・・ラベルをつけたら、「そのラベルがより強固になるか」という判断軸で仕事を選んでいくこと(p234)


■そして転職先を決める段階では、
 選ぶ業界によって給料がいくらに
 なるかが決まってしまいます。


 それは業界の生産性が
 それぞれ違うからです。


 例えば、自動車メーカーで
 年収800万円が目指せるとすれば、
 総合商社であれば年収1500万円の
 可能性があるのです。


 そして自分と同じ職種の人が
 出世しているかどうか、また、
 転職組が優遇されてるか冷遇されているか
 確認することも大事だという。


・重要なのは、先に論点を明確にすること。それが『働きやすさ』と『活躍の可能性』の二つだ・・・結局、成果を出しているやつにおもしろい仕事は来る(p103)


■転職するにあたっては
 企業側の採用の考え方も
 知っておいたほうがよいのでしょう。


 容易に人が集まるなら募集すれば
 いいだけの話です。
 転職エージェントを使うということは
 簡単に採れないから。
 それはブラックだからなのか、それとも
 特殊は職種だからか見極める必要がある
 ということです。


 転職エージェントの見極め方など
 参考になる点が多く、なぜこの本が
 ベストセラーなのかわかりました。


 北野さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・現代は2人に1人が転職する時代に突入しました・・にもかかわらず、多くの企業はスキルアップの機会を社員に十分提供していません・・・(p9)


・多くの人が、転職に恐怖を感じているのは、何かを手にするからではない。人生で初めて何かを手放すことになるからだ。しかも自分の意思で(p26)


・どの業界にも、人脈だけで仕事を引っ張ってこれる人がいる。その人だからこそ動いてくれる社内の人や、指名で仕事をくれる人間。これが『人的資産』だ。たとえば、君がもし転職したとしても、変わらず仕事をくれる人はいるか?(p44)


・100万人が参加しているゲームで一番を目指すのではなく、いずれ100万人が参加するゲームに一番乗りをすること(p85)


・そうだ。これは私のやりがい、動機に関わる部分だ・・・だが、他人にまでやりがいを押し付けるな。すべての人がやりがいを追い求めなければいけないわけではない(p208)


・「緊張と緩和のバランス」が適切かを見極めるには、・・・この半年の間に強い緊張を感じた場面を書き出してみること・・・悪い緊張が10以上ある→職場を変えたほうがいい・・・いい緊張が三つ未満→より難しい業務やったことのないことに挑戦する(p222)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

北野 唯我、ダイヤモンド社


【私の評価】★★★★☆(89点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

第1章 仕事の「寿命」が切れる前に、伸びる市場に身を晒せ
第2章 「転職は悪」は、努力を放棄した者の言い訳にすぎない
第3章 あなたがいなくなっても、確実に会社は回る
第4章 仕事はいつから「楽しくないもの」になったのだろうか?


著者紹介

 北野 唯我(きたの ゆいが)・・・1987年生まれ。神戸大学経営学部卒。博報堂へ入社し、経営企画局・経理財務局で勤務。その後、ボストンコンサルティンググループを経て、2016年、ハイクラス層を対象にした人材ポータルサイトを運営するワンキャリアに参画、サイトの編集長としてコラム執筆や対談、企業現場の取材を行う。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: