本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「転職の「やってはいけない」」郡山 史郎

2022/09/14公開 更新
本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「転職の「やってはいけない」」郡山 史郎


【私の評価】★★★★☆(89点)


要約と感想レビュー

 これまで3000人以上の転職をサポートしてきた著者は、どういったアドバイスを転職希望者にしているのでしょうか。著者のアドバイスは、転職は最後の手段。どの会社にも性格が悪い上司はいるもので、人間関係を理由に転職してはいけないということです。


 つまり、変な上司と出会ったら、「この上司をどうやったらうまく使えるか」を訓練する場と考えるくらいでないと、次の会社でもすぐに変な上司と出会って転職を考えることになってしまうからです。もちろんブラックでどうしようもない会社が存在することは事実です。多くの社員が精神を病んで、自分も病気になるくらいなら転職すべきですが、簡単に辞めることにもリスクがあるということなのです。


・お金を目的にするな・・人間関係を理由にするな(p125)


 会社役員に生え抜き社員が多いことからも、同じ会社に長く居続けるメリットが大きいということもあります。いい会社からの求職があるとも限りません。著者の感覚では、転職して成功する確率は2分の1以下だという。では、転職先としていい会社をどう選べばよいのでしょうか。


 著者のアドバイスは、「どの会社も似たようなもの」と考えてみることです。そのうえで、好感を持てる点がある会社なら、転職を考えてみるということです。完璧な会社は存在しないのであり、そうした前提のうえに転職先を調べないものリスクですが、調べすぎて情報過多になってなかなか決断できない人を多く見てきたのでしょう。


 ちなみに著者の考える働きやすい会社とは、社員の人格を認めて、社員に自由を与えてくれる会社であり、そうした会社は社員がいつも笑顔で、清掃が常に行き届いているという。


・いい会社は社員がいつも笑顔でいる・・・掃除が常に行き届いていて、いつ行ってもゴミ1つ落ちていない(p95)


 著者は、伊藤忠商事からソニーに転職し、その後、外資系企業に転職し、再びソニーに出戻りで3回転職しています。そしてソニーに転職したのは成功で、後の2回は失敗であった。ソニーで働き続けていればよかったと振り返っています。そうした経験を持つためか、人材紹介業を仕事にしているのに、簡単に転職するなとアドバイスしています。


 それが転職業界の真実なんだろうな、と思いながら読ませていただきました。普通の転職本とはちょっとちがった本音の入った本だと思いました。さすがソニー出身ということでしょうか。郡山さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・「転職回数は2回まで」を条件にしている企業が多い・・・「辞めグセがあるのではないか」と思われてしまうことがある(p70)


・転職に踏み切るのは入社3年目以降・・・3年間を過ごした経歴は、ビジネスパーソンとしてそれなりの仕事の経験を持っていることのアピールとなる(p106)


・多くの会社は、基本的にシニアの力を必要としていない・・60代は「転職」するのではなく、「求職」・・・自分ができる仕事を求めて探し回るしかない(p115)


・情報過多・・登録するサイトは、多くても2つまでにすべきと考えている・・・一般的なサイトと、専門の業界や職種に特化したサイト(p128)


・面接ではしゃべりすぎるな(p138)


▼引用は、この本からです
「転職の「やってはいけない」」郡山 史郎
郡山 史郎、青春出版社


【私の評価】★★★★☆(89点)


目次

第1章 転職は「売り手市場」という大誤解―企業の「人手不足」の真実
第2章 知っておきたい転職市場の裏側―求人サイト、人材紹介会社を味方につける
第3章 自分を活かす仕事選び、会社選び―年代によって転職のやり方は変わる
第4章 転職の「やってはいけない」―転職を成功に導く実践ヒント
第5章 人生をおもしろくする働き方の極意―後悔しないキャリアをつくる



著者紹介

 郡山史郎(こおりやま しろう)・・・1935年生まれ。株式会社CEAFOM代表取締役社長。一橋大学経済学部卒業後、伊藤忠商事を経て、1959年ソニー入社。1973年米国のシンガー社に転職後、1981年ソニーに再入社、1985年取締役、1990年常務取締役、1995年ソニーPCL社長、2000年同社会長、2002年ソニー顧問を歴任。2004年、プロ経営幹部の紹介をおこなう株式会社CEAFOMを設立し、代表取締役に就任。人材紹介のプロとして、これまでに3000人以上の転職・再就職をサポート


この記事が参考になったと思った方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


ブログランキングにほんブログ村


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: