本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ」北野 唯我

(2020年3月24日)|

【私の評価】★★★★☆(87点)


■どうして大企業では
 大改革ができないのか。


 なぜ、アップル創業者の
 スティーブ・ジョブズが
 アップルから追放されたのか。


 その後のアップルは、
 再びジョブズを呼び戻すまで
 創造的な製品を発表できませんでした。


 天才を凡人・秀才が殺す理由を
 関西弁の犬が教えてくれる一冊と
 なっています。(原作はブログ)


・凡人→天才への気持ちは、冷たいものや。凡人は、成果を出す前の天才を認知できないから、できるだけ排斥しようとする傾向にある。コミュニティの和を乱す異物に見えるんや(p40)


■まず、凡人にとって
 天才の言っていることは
 破天荒であり理解できません。


 多数の凡人は、
 天才の意見を無視します。


 秀才にとっては
 天才の言っていることは
 論理的ではないので
 承認することはできません。


 証明されていない意見を秀才は
 承認できないのです。


 さらには、頭の良い秀才にとっては
 天才の底知れぬ能力に
 嫉妬するという面もあるという。


・『秀才の嫉妬は根深い』ということや。ええか、天才にとって秀才というのはホンマに"両極端な存在"であることが多い。右腕になるか、強敵になるか、どちらかや。つまり、めちゃくちゃ助かるか、めちゃくちゃ邪魔してくる存在。どちらかになることが多い(p148)


■私の経験からも
 頭の良い秀才の嫉妬ほど
 怖いものはないと思います。


 その反面、味方にすれば
 これほど心強いものもない。


 自分が正しいと確信しているが
 ゆえに手に負えないのです。


 北野さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・天才は「世界を良くするという意味で、創造的か」で評価をとる。一方で、凡人は「その人や考えが、共感できるか」で評価をとる。天才と凡人は「軸」が根本的に異なる(p266)


・凡人には武器がある。天才を殺すことができるナイフを持っている。そのナイフの名前は『多数決』なんや(p44)


・凡人はオセロや。オセロゲーム。凡人ってのは、成果を出す前の天才にはホンマに冷酷や。恐ろしく冷たい。だども、成果を出した途端、手のひらを反す。すごい!すごい!天才!って言いだす(p49)


・天才と秀才・・・両者がもしディベートしたら、絶対に秀才が勝つ。なぜなら、再現性は才能の中で一番『説明能力』が高いからや(p66)


・科学ってのは"失敗しまくり"・・・成功の上澄みだけを教科書で学んできた『秀才』は、自分は科学を使いこなせると勘違いする。なぜなら自分で『失敗しまくったこと』がないからや。つまり、失敗したことない秀才が、組織の上に立ち、サイエンスを振りかざしたとき、天才を殺してしまう(p157)


・先生・・・秀才の一種。よかれと思って、天才のことを指導するが、天才にとっては好奇心を殺す存在に映る(p95)


・凡人タイプが秀才に支援してもらうための方法がある。それは『相手の発言』をできるだけたくさん使うこと、や・・・以前、○○さんは・・とおっしゃっていましたよね?(p136)


・彼ら(秀才)に助けを求める最強の質問が『あなたならどうしますか?』と自ら教えを請い、その方法を愚直にやってみることや。これができひん凡人がホンマに多いんやけどな(p123)


・大企業がイノベーションを起こすために必要なのは、『若くて才能のある人と、根回しおじさんだ』・・(p175)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ



北野 唯我、日本経済新聞出版社


【私の評価】★★★★☆(87点)


[楽天ブックスで購入する]


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



■目次

1 才能ってなんだろう
2 相反する才能
3 武器を選び、戦え


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: