本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「実家が全焼したらインフルエンサーになりました」実家が全焼したサノ

(2020年8月31日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(85点)


内容と感想

■ツイッターで「実家が全焼したサノ」として
 思い出をつぶやいていたら、フォロワーが
 6万人にまで増えちゃったという著者の一冊。


 両親は離婚して、父の家が全焼。
 アルコール依存症になった父は自殺。
 確かに切ない人生なのです。


 小さいときから親戚の家を転々とし、
 布団を敷いてもらっても
 布団では寝なかったという。


 なぜなら、
 いずれホームレスになるから
 その訓練をしていたのです。


・父が亡くなったのは、孤独だったからではないでしょうか(p48)


■大学ではホストクラブで働き、
 ナンバーワンホストの真似をして
 ナンバー2ホストになっています。


 その勢いで大学卒業後、
 バーを開店しますが、
 半年間はバー経営は赤字。
 自分も吐血、血尿、血便を
 流すことになったという。


 半年もすると常連さんも増え、
 経営は安定しますが、
 経営というものに興味を持ち、
 彼女の通う京都大学大学院に
 入学することになったという。


・バーを経営したら死にかけた話・・・若いうちなら、失うとしても貯金くらいで、うまくいけば就職するよりもいい収入を得られるかもしれないし、失敗しても経験と知識と笑いのネタが得られるから、どちらにせよお得だなぁと、当時の僕は思っていました(p162)


■ナンバー2ホストになったり、
 バーを経営して死にそうになったり、
 100キロマラソン走ったり、
 京都大学大学院に入ったり、
 挑戦者じゃねえの、と思いました。


 若いうちの挑戦は、失敗しても
 経験と知識と笑いのネタにになるので
 という考え方がいいと思いました。


 そうして地獄を経験をすることに
 なるのですが、その経験こそが
 貴重なのでしょう。


 実家が全焼したサノさん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・豊かな人生とは、「贅沢をする人生」でも「人に羨まれる人生」でもなく、「選択肢のある人生」なのかもしれません・・・「自殺しないでほしいなぁ」とは思うけれど、「自殺してはいけない」とは今後も言えないと思います(p49)


・ホストクラブで働いて得た最も大きな学びは、正しい方向性で努力すると、同じ努力の量でも結果に大きな差が出てくる、ということでした(p119)


・ホストとして働いて感じたのは、お客様は「孤独を満たすこと」にお金を支払っているということでした(p119)


・お酒の原価率は低いうえに廃棄コストがほとんどかからないため・・・バーを経営することに決めました。あとは、リスクの高い挑戦は20代の間にしておきたいと思っていました(p161)


・当時はできる限りお給料で還元するしくみにしていましたが、一部を福利厚生に回した方が、結果的に離職率は減りました。たとえば1万円のボーナスを渡すのでなく、1万円の食事をご馳走した方が満足度は高まりました(p165)


・大阪から東京までママチャリをこいだ話(p122)


・僕はいつも布団では寝ずに床で寝ていました。理由は、僕は将来ホームレスになると思い込んでいたからです(p155)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

実家が全焼したサノ 、KADOKAWA


【私の評価】★★★★☆(85点)


[楽天ブックスで購入する]


目次

1章 父との切ない話
2章 子供の頃の切ない話
3章 大人になってからの切ない話
4章 インフルエンサーになった話


著者紹介

実家が全焼したサノ・・・新橋で働くサラリーマン。幼少期に実家が全焼したことを機に、切ない人生を送る。学生時代にホストクラブで働き、卒業後はバーを経営。その後、事業拡大を目指し大学院でMBAを取得するも、バーは潰れてしまう。Twitterでは「実家が全焼したサノ」というアカウントで毎日切なかった出来事を投稿している。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: