本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「本当に頭がよくなる1分間アイデア法」石井 貴士

2017/08/07本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

本当に頭がよくなる1分間アイデア法


【私の評価】★★★★★(91点)


内容と感想

■アナウンサーを辞めて、
 プチリタイヤの情報商材を売り、
 現在は1分間勉強法など1分間シリーズで
 ベストセラー作家となっている
 石井さんの一冊です。


 アナウンサーを辞めて
 情報起業家を目指したのは、
 理由がありました。


 それはアナウンサーとは
 だれでも代替可能な職業であり、
 時間でお金に換える仕事は
 自分に合わないと気づいたからです。


 著者は、むしろアイデアや
 ビジネスモデルでお金を生む
 情報起業家や作家を目指しました。


・起業家は、少しくらいちゃらんぽらんでも、独自の発想ができる人が向いています。経営者は、きちんとして、品質管理がしっかりできる人が向いています(p98)


■本書の内容は、
 アイデア法に始まり
 表現芸術家の話に移っていきます。


 自分の個性とアイデアを
 お金にするのが、
 表現芸術家です。


 アイデアで勝負しているのが、
 表現芸術家、つまり作家であり
 芸術家であり、起業家なのです。


 時間でお金をもらうサラリーマンや、
 技能でお金をもらう職人とは
 まったくちがう違う世界があるのですね。


・タ・ヴィンチはいつもノートを持ち歩き、生涯で1万6000冊のノートを残したと言われています(p10)


■サラリーマンに合わない人も
 いるんだなあ、と思いました。


 それがわかったうえでサラリーマンを
 辞める勇気を持っているのも
 芸術家の資質なのでしょう。


 石井さん、
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・「ひらめき」を紙に書き留めたものを「アイデア」と呼ぶ(p7)


・ひらめきは、「質」ではなく「量」で決まる(p24)


・経験には、2種類ある。A級の経験と、B級の経験だ・・A級の経験は、Actorとしての経験。B級のBは、傍観者のBです(p37)


・最低限の知識がない状態では無駄に失敗してしまうことが多くなるので、「最低2000冊の本を読め」と、私は提唱しています(p38)


・風水では、市役所や公民館のそばに住むことを「凶」と見なします。「大衆が集まってくる場所のそばにいたら、あなたも大衆と同じ考えに染まってしまうので、成功できなくなってしまう」(p43)


・「分がない意見」(少数意見)こそが、大発明につながります(p47)


・成功している人は「どんどん失敗したほうがいい」と言います・・失敗するということは、「それではいけないということがわかった」という意味において、前進しています(p65)


・最短で成功する2ステップ・・1すでに達成している人を見つける
2その人のやり方を聞いて、同じことをする(p197)


・手に職をつけるのではなく、手に職を持っている人を雇えばいい。表現芸術ビジネスマンは、そう考えるのです(p103)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


▼引用は下記の書籍からです。

本当に頭がよくなる1分間アイデア法
本当に頭がよくなる1分間アイデア法
posted with Amazonアソシエイト at 17.08.06
石井 貴士
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 93,621


【私の評価】★★★★★(91点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

Chapter1 ひらめきを大量に生むための「フック式アイデア法」
Chapter2 ブレイクするための「逆アイデア法」
Chapter3 ゼロから1を生み出すための「芸術的アイデア法」
Chapter4 圧倒的な結果を出すための「ビジネスアイデア法」
Chapter5 常識にとらわれないための「天才アイデア法」
Chapter6 戦わずして勝つための「オンリーワンアイデア法」
Chapter7 ブレイクし続けるための「シリーズアイデア法」
Chapter8 発想の天才になるための「時空ジャンプアイデア法」


著者紹介

 石井 貴士(いしい たかし)・・・1973年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。アナウンサー試験に合格。その後、退職して世界一周旅行に出発し、27ヶ国を旅する。帰国後、日本メンタルヘルス協会で「心理カウンセラー資格」を取得。2003年に(有)ココロ・シンデレラを起業し、現在、社員は自分ひとりで年商1億円を超す起業家。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: