「「感謝! 」言うてたら、ホンマに儲かりまっせ!」横山 信治

|

「感謝! 」言うてたら、ホンマに儲かりまっせ!

【私の評価】★★★★★(90点)


■著者の横山さんは、
 40歳まで借金まみれの
 どん底生活でした。


 自分は株式投資に失敗し、
 父親の会社も倒産して一家離散。


 仕事でも営業マンとして頑張って、
 調子に乗って上司を批判したら
 左遷され、うつ病を発症。


 ところが成功者の真似をはじめたら
 一転、上場会社の常務となり、
 関連会社社長で転出。


 今は独立して
 この本を書いているのです。


・成功してお金持ちになる人と、
 そうでない人の違いに興味を持ち、
 研究しているうちに、知らず知らずに
 お金持ちんになる人の
 真似をしていました(p16)


■何が変わったのでしょうか。


 横山さんは、
 口にする言葉が変わったという。


 それまでは、
 自分が正しいと思うことを
 口にしていました。


 それは事実であるがゆえに、
 相手は傷つき
 敵を増やしてしまったのですね。


 そうした失敗から、
 正論で相手を論破する人は
 バカだと断言しています。


 正しいことではなく、
 明るく楽しい言葉を口にするように
 なったら、人生が好転したのです。


・魅力的な経営者は、バカになれる人です・・
 バカになれる人は、人の意見にケチをつけたり、
 正義を振りかざすことはありません・・
 バカになれる人は人望も厚く、
 人から好かれます(p149)


■横山さんは、反省上手であり
 真似上手だと思いました。


 横山さんは大失敗をきっかけに
 自分に足りないところを反省し、
 成功者に学びながら、
 自分をちょっと変えてみたのです。


 正しい人がバカであり、
 バカになれる人が正しい。
 世の中とは不思議なものですね。


 横山さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・最初はその道の成功者を真似ることが
 一番の近道です。基礎がないまま
 独自の方法で進めてしまうと、
 労力ばかりかかり遠回りになることが
 多いのです(p55)


・毎朝自分の欲しいものを、
 鏡に向かって唱えたのです・・
 言葉に出して脳でイメージすれば、
 意識的に実現すべく行動をとります(p47)


・指示されたときに、「はい。喜んで!」と
 前向きな言葉を発することにより、
 脳は「自分の意思で選んだ仕事なんだ、
 きっと楽しい仕事だろう」と錯覚します(p90)


・本当にバカな人とは、
 知識を人に自慢する人です。
 または、変に知識があるが故に、
 正当論で相手の意見を
 論破しようとする人です(p146)


・人にプレゼントする行為は
 「人に喜んでもらうこと」・・
 誰かと食事に出かけたり、
 旅行に行くなどの「体験」に使うことは、
 人と喜びを共有するということ・・
 あなたならお金をどのように遣いますか(p111)


・主語を「私」から、他者に向けてみましょう・・
 「上司の〇〇さんの成績を上げるために頑張ろう」
 「恋人が喜ぶようなデートプランを考えよう」・・
 他人の喜びを考えるとき、
 自分のことを忘れて苦しみから解放されます(p144)


・失敗や逆境は間違いを
 教えてくれるきっかけなのだ・・
 失敗したときは、
 自分を責めず、他人を責めず、
 やり方を変える(p99)


・自分を許す・・・
 他人を許すのは難しいですが、
 自分を許すのはもっと難しいです(p189)


・金運の持ち主は・・
 親に感謝の気持ちを忘れない(p157)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


▼引用は、この本からです。

「感謝! 」言うてたら、ホンマに儲かりまっせ!
横山 信治
実業之日本社
売り上げランキング: 11,179

【私の評価】★★★★★(90点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

第1章 ポジティブワードでお金を引き寄せる
第2章 お金に恵まれる人の思考法
第3章 お金持ちのコミュニケーション術
第4章 金運を呼び込む習慣



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)