本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ビジネスエリートは、なぜ落語を聴くのか?」石田 章洋 横山 信治

(2015年5月27日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスエリートは、なぜ落語を聴くのか?

【私の評価】★★★★★(92点)


■東北弁の落語「東方落語」を聞いて、
 "落語って深いかも"と感じて
 手にした一冊です。


 落語には、愉快な日常会話と
 面白い下げ(オチ)がある。


 落語を学ぶと、
 人付き合いが良くなるんじゃないか?
 と思ったのです。


 その予想は、正しかった。


・落語を聴いていると、
 確実に「話し上手」と呼ばれるようになりますし、
 文章力や世渡り力も自然と身につくのです(p7)


■この本の大事なところは、
 著者のお二人が
 落語家からビジネスマンに転身して
 成功されているということでしょう。


 そして、その成功には、
 落語家時代の経験が役立っている。


 それは、落語の世界と
 ビジネスが似ているからです。


 落語の世界は上下関係が厳しく、
 成功するかどうかは
 その人しだい。


 落語家という職業は、
 実力と人間力が勝負の
 冷酷な世界なのです。


・落語家を成長させるのは、
 稽古と工夫と研究
 ビジネスパーソンも原理は同じ(p151)


■結局、成功への道は、
 地道に実力をつけること。


 師匠に好かれること


 自分にできることを
 最大限やること。


 そして、
 うまくいったときこそ、
 感謝謙虚


 成功に近道はないのだと
 感じました。


 みなさんも私と一緒に
 落語を聞きませんか。


 石田さん、横山さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・落語に学ぶ!人間関係が良くなるコツ
 その1 理不尽に耐え、上司に可愛がられる・・
 その2 いい上司は、部下への愛と・・(p101)


・落語とは「人間の業の肯定」であり、
 肯定するがゆえに「多様性を包摂する」もの。
 落語をよく聴く人は、だからこそすぐにキレたり、
 他人を責めたりしません(p59)


・面倒なことを避けてばかりいると、
 将来必ずそのツケが回ってきます。
 「急がば回れ」ではありませんが、
 地道な努力は、やがて実を結びます(p156)


・鶴瓶さんは20代の頃から、
 「相手の期待以上の仕事」を
 していました(p200)


・私がお勧めしたいのは、
 「人気がある芸人を集めた落語会」です・・
 そういう人が数人集まった落語会は、
 まずハズレがありません(p236)


・当時の自分に忠告するとすれば、
 「もっと謙虚になりなさい」そして、
 「応援していただいた多くの方に感謝しなさい」(p160)


ビジネスエリートは、なぜ落語を聴くのか?
ビジネスエリートは、なぜ落語を聴くのか?
posted with Amazonアソシエイト at 15.05.26
石田 章洋 横山 信治
日本能率協会マネジメントセンター
売り上げランキング: 30,143

【私の評価】★★★★★(92点)



この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

はじめに なぜ「世界のエリート」に学んでもうまくいかないのか?
第1章 なぜ、落語好きにエリートが多いのか?
第2章 ビジネスパーソンの悩みNO.1"人間関係"の悩みは落語に聞け!
第3章 落語に学ぶ"伝え方"メソッド
第4章 落語が教えてくれた"成長""成功"のルール
第5章 落語家の生き様に学ぶ"覚悟"の磨き方
おわりに 落語が教えてくれたこと
巻末資料 ビジネスパーソンのための落語入門ガイド


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , , ,



同じカテゴリーの書籍: