本のソムリエがおすすめの書籍を紹介するサイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「人に伝える7つの力 会話力速効ドリル」石田章洋

本のソムリエ 2021/04/05メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「人に伝える7つの力 会話力速効ドリル」石田章洋


【私の評価】★★★★★(92点)


要約と感想レビュー

■「世界不思議発見!」の放送作家である
 著者が教えるコミュニケーションの
 技術です。


 テレビの放送作家の世界は、
 アイデアを話すだけで稼ぐ人もいる
 まさに会話力マックスの世界。


 そのテレビの世界で人見知りの
 著者が磨いてきたのが
 コミュニケーション能力なのです。


・テレビ業界は落語界以上にコミュニケーション能力が必要な世界でした。放送作家のなかには、一文字も書かずアイデアを話すだけでお金をもらっている人も珍しくありません(p21)


■本を読んでもコミュニケーション能力は 
 向上しない、と言う著者の意見は
 事実でしょう。


 水泳の理論を本で読んでも
 泳げるようになるわけではないのと
 同じように、何事も実行して
 みなければ身につかないのです。


 この本では質問形式で答えを
 自分で考えていく構成になって
 います。


 現場で自分ならどう話を切り出すのか、
 考えながら読み進めることができます。
 正解?間違い?理由は?
 面白いですね。


・何冊の本を読んだとしてもコミュニケーション能力は向上しません・・・出題について考えて、あなたなりの答えを導き出しながら読み進めてください(p4)


■雑談が難しいのは、選択肢が
 無限にあるからでしょう。


 無限の選択肢の中から
 最低限大きいミスをしないように
 なれば、雑談力は向上します。


 そうした試行錯誤の中から
 自分なりの答えを出していくことで
 個性が出てくるのです。


 非常にわかりやすく
 さすが放送作家の著作だと
 思いました。★5とします。


 石田さん
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・雑談のコツ・・・会話を続けるためには、5W3Hを意識して、空白の部分を尋ねてみる(p33)


・大切なポイントは、とにかく相手の気持ちに「共感」すること・・・少しだけプラスアルファして返しましょう(p36)


・初対面の人との会話は、自己紹介をかねて話題を選ぶ・・・「私はまだこの部署に移って半年くらいなのですが・・(p41)


・雑談力・・「BMWを買った」。それだけではただの自慢話ですが「中古車を72回ローンなんだけどね」と、少し落とすことでユーモアを感じさせる話になるのです(p45)


・何のために教えてもらいたいのか、"質問の目的"を明確にしたほうが、相手も答えやすくなります(p59)


・説明力・・・ビジネスでの結論とはズバリ、「相手がもっとも聞きたがっていること」・・・つまり、報告であれば「結果」や「状況」、プレゼンやセールスであれば「どういうメリットがあるか」(p103)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
「人に伝える7つの力 会話力速効ドリル」石田章洋
石田章洋、新星出版社


【私の評価】★★★★★(92点)



目次

Chapter0 本書の活用方法―ドリルに入る前に
Chapter1 雑談力養成ドリル
Chapter2 質問力養成ドリル
Chapter3 発言力養成ドリル
Chapter4 説明力養成ドリル
Chapter5 スピーチ力養成ドリル
Chapter6 提案力養成ドリル
Chapter7 交渉力養成ドリル


著者紹介

 石田章洋(いしだ あきひろ)・・・1963年岡山県生まれ。構成作家。日本脚本家連盟員・日本放送協会会員。テレビ朝日アスク放送作家教室講師・市川森一藤本義一記念東京作家大学講師。30年にわたり各キー局のバラエティ番組・情報番組・クイズ番組・報道番組などのテレビ番組の企画・構成を担当。最近の主な担当番組は「世界ふしぎ発見!(TBS)」「TVチャンピオン(テレビ東京)」「情報プレゼンター・とくダネ!(フジテレビ)」「BSフジLIVEプライムニュース」など。手がけた番組の合計視聴率は5万%を超える。構成を手がけた「世界ふしぎ発見!~エディ・タウンゼント 青コーナーの履歴書」が第45回コロンバス国際フィルム&ビデオ・フェスティバルで優秀作品賞を受賞。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: