本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「めちゃめちゃ運が良くなる人づきあいの技術」横山信治

2017/01/03本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

めちゃめちゃ運が良くなる人づきあいの技術


【私の評価】★★★★☆(81点)


内容と感想

■30年以上の大手企業での経験をもとに
 組織の中で成果を出しながら
 人間関係もうまくやっていく技術を
 教えてもらいましょう。


 まず、組織の中では
 味方を作るのことも大切ですが、
 敵を作らないということが大事。


 基本的に人は変わりません
 まずは、信頼関係から
 作っていくということでしょう。


・相手に助言したり、間違いを指摘するには、双方の信頼関係や、さまざまな条件が必要です(p58)


■人を動かすのは、
 利であり、これは人事権が
 大きい影響を持ちます。


 また、
 この人の言うことならと、
 人間的な信頼によって
 人が動くこともあるでしょう。


 状況によっては、
 これは仕方がないなと、
 協力してもらえることもあります。


 そして、最後は、
 叱られる、処罰されるという
 恐怖が人を動かすのです。


人を動かす方法は4つです。1利、2愛、3同情、4恐怖(p76)


■ぜったいに運がよくなる
 技術はないのだと思います。


 ただ、確実に悪くなることを
 避けることはできる。


 運を良くする究極の技術は、
 著者のように失敗を含めたあらゆる経験を
 自分の未来ために活用して、
 自らを変えていくことです。


 横山さん、
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

行動すれば結果が出て、それを軌道修正できる(p43)


・私が多くの部下を見てきて感じるのは、お礼をするのが下手だということです。これはとてももったいないことです(p68)


・自分に起こることはすべて必要だから起きていると考えると、結構なんでも解決できるものです(p123)


本当に好きなことを無欲で続けていると天が味方してくれる(p119)


・この世の中は、自分がリクエストしたものしか与えられない理(ことわり)になっています(p37)


・「運」の良い人は、目標に向かって努力はしますが、一つの事に固執しません。さらに言うとダメだった場合の保険をかけています(p142)


めちゃめちゃ運が良くなる人づきあいの技術
めちゃめちゃ運が良くなる人づきあいの技術
posted with Amazonアソシエイト at 17.01.02
横山信治
ぱる出版
売り上げランキング: 72,893


【私の評価】★★★★☆(81点)



目次

プロローグ―それは、不運の真っただ中からはじまった
第1章 稲穂の法則
第2章 人づきあいの法則
第3章 言葉の法則
第4章 考え方の法則
第5章 アクションの法則
第6章 スピリチュアルの法則


著者紹介

 横山信治(よこやま のぶはる)・・・1982年、日本信販株式会社(現三菱UFJニコス)入社。営業成績全国最下位のダメ営業マンから、全国No.1営業へ。2001年、ソフトバンクファイナンスに転職し、日本初のモーゲージバンク(証券化を資金調達手段とした住宅ローン貸出専門の金融機関)SBIモーゲージ株式会社設立に参画。当初4人の会社を従業員250名、店舗数191の上場会社へ成長させる。その後、東証一部上場の金融グループの役員・社長を経て、2014年4月独立。現在、東京・大阪で毎月1回「横山塾」を開催中。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: