★2経営のコツの最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★☆☆☆(68点) ■米国でインターネットビジネスを教えている  シェフレンの一冊です。  この本のポイントは3つです。  一つはビジョンを持つこと。  二つ目は、自分に合った  ビジネスを選択すること。  そして三つ目は、  稼ぐ仕組みを作ることです。 ・戦略型...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点) ■大家さんは不動産投資です。  一つの事業として、  経営感覚が必要なのでしょう。  もちろん顧客である入居者との  コミュニケーションも大切。 ■そうした総合的な努力をして  なんとか経営が成り立つのでしょう。  一つひとつの努力が  大切だ...
続きを読む
トレードオフ―上質をとるか、手軽をとるかposted with amazlet at 10.09.28ケビン・メイニー(著) ジム・コリンズ(序文) 内田和成(解説) プレジデント社 売り上げランキング: 964Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★☆☆☆(67...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点) ■事業部制でも、カンパニー制でも、持ち株会社でも、  そこにいる人たちが危機感を持てるかどうか。  トップの人が、自分が経営者として、  責任を持って判断できるか。  それができれば、何でもいいと感じました。    良い本をありがとうございまし...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(69点) ■ヒトラーに学ぶ自己PR術です。  異様な誇大妄想。  気持ち悪い自己肯定。  常識はずれのユダヤ人への憎悪。  どうして論理的なドイツ人が、  ヒトラーを支持したのでしょうか。 ・ヒトラーは貧しい家庭の出身で、粗暴で呑んだくれの  父の元、苦...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(67点) ■出光とは不思議な会社であったようです。  出光佐三という創業者の人間尊重という  考えのもとに、人が集まったのです。  そうした人間尊重の中に  日本の強さがあるのは確かだと思います。    北尾さん、  良い本をありがとうございました。 ─...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点) ■よい会社は、会社の理念を  共有するのに努力しているようだ。  社長は自分で仕事をするわけではないから、  理念を徹底するのが仕事なのだろう。  そうした想いがどれだけ  伝わるのかが大事なのだと感じた。  坂本さん、  良い本をありがとうご...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(62点) ■戦略というとよくわからないのですが、  まず自分を知りライバルを知る必要があると思います。  そうした現状を正しく把握することで、  次の一手を考えることができるのです。  そのために分析があるのですが、  戦略は自分で考えるしかないようです...
続きを読む
稲盛和夫・アメーバ経営posted with amazlet at 12.11.28国友 隆一 ぱる出版 売り上げランキング: 401817Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★☆☆☆(68点) ■アメーバ経営を学ぶために  購入した一冊です。  アメーバ経営と...
続きを読む
商機を見いだす「鬼」になれ 中国最強の商人・温州人のビジネス哲学posted with amazlet at 12.07.01郭海東 張文彦 阪急コミュニケーションズ 売り上げランキング: 6347Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★☆☆☆(64点) ■温州...
続きを読む
一流の指導者 (PHP文庫)posted with amazlet at 12.05.04新 将命 PHP研究所 売り上げランキング: 774181Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★☆☆☆(67点) ■外資の社長を歴任された  新(あたらし)さんの一冊。  ...
続きを読む
炎の経営者 (文春文庫)posted with amazlet at 12.02.13高杉 良 文藝春秋 売り上げランキング: 244715Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★☆☆☆(67点) ■この本の「炎の経営者」とは、  戦後、日本触媒化学工業(現・日本...
続きを読む
誰も教えてくれなかった運とツキの法則posted with amazlet at 11.08.03林野 宏 致知出版社 売り上げランキング: 7449Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★☆☆☆(68点) ■麻雀好きのクレディセゾン社長が  「運」について語った...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点) ■ニュースで、  「武富士」元会長から株式を贈与された長男が  約1330億円!の追徴課税を受けていたが、  最高裁で追徴課税が取り消された。  と聞いて、本書を紹介することにしました。  合法的に贈与税を減らすため、長男を香港に居住させて  ...
続きを読む
アドボカシー・マーケティング 顧客主導の時代に信頼される企業 (ウォートン経営戦略シリーズ)posted with amazlet at 11.03.21グレン・アーバン 英治出版 売り上げランキング: 14626Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★☆☆☆(6...
続きを読む
1 2 3 4 5
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む