無料メルマガ購読

★2経営のコツの最近の書評

【私の評価】★★☆☆☆(67点)■「ユニクロ帝国の光と影」を出版し、 ユニクロに二億円の損賠賠償を求める 訴訟を起こされた著者。 最高裁まで行きましたが、 結果的にユニクロの敗訴となりました。 それでもユニクロは株主総会への 著者の出席を拒否したことから、 著者はユニクロへの潜入調査を始めたのです。■働いてみるとユニクロは、 上司により...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点)■米国でインターネットビジネスを教えている シェフレンの一冊です。 この本のポイントは3つです。 一つはビジョンを持つこと。 二つ目は、自分に合った ビジネスを選択すること。 そして三つ目は、 稼ぐ仕組みを作ることです。・戦略型・・最終形、ビジョンが見えている・・ ビジョンを達成するためのベストな チャ...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点)■大家さんは不動産投資です。 一つの事業として、 経営感覚が必要なのでしょう。 もちろん顧客である入居者との コミュニケーションも大切。■そうした総合的な努力をして なんとか経営が成り立つのでしょう。 一つひとつの努力が 大切だと思いました。 安藤さん、 良い本をありがとうございました。───────...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(67点)■商売は、上質さか手軽さか、どちらかを 極めるとうまくいく!という一冊です。 教育を究めると、専用ジェットになる。 手軽さを究めると、サウスウエスト航空になる。 さらに、一眼レフとカメラ付き携帯、 フレンチレストランとマクドナルドなど 両極端の会社がうまくいっているということです。・大学進学を希望する人々の多...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点)■事業部制でも、カンパニー制でも、持ち株会社でも、 そこにいる人たちが危機感を持てるかどうか。 トップの人が、自分が経営者として、 責任を持って判断できるか。 それができれば、何でもいいと感じました。  良い本をありがとうございました。───────────────────────────────■この本で...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(69点)■ヒトラーに学ぶ自己PR術です。 異様な誇大妄想。 気持ち悪い自己肯定。 常識はずれのユダヤ人への憎悪。 どうして論理的なドイツ人が、 ヒトラーを支持したのでしょうか。・ヒトラーは貧しい家庭の出身で、粗暴で呑んだくれの 父の元、苦労したというのが通説になっていますが・・・ 嘘です。・・父は税関上級事務官であ...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(67点)■出光とは不思議な会社であったようです。 出光佐三という創業者の人間尊重という 考えのもとに、人が集まったのです。 そうした人間尊重の中に 日本の強さがあるのは確かだと思います。  北尾さん、 良い本をありがとうございました。───────────────────────────────■この本で私が共感...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点)■よい会社は、会社の理念を 共有するのに努力しているようだ。 社長は自分で仕事をするわけではないから、 理念を徹底するのが仕事なのだろう。 そうした想いがどれだけ 伝わるのかが大事なのだと感じた。 坂本さん、 良い本をありがとうございました。─────────────────────────────■この...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(62点)■戦略というとよくわからないのですが、 まず自分を知りライバルを知る必要があると思います。 そうした現状を正しく把握することで、 次の一手を考えることができるのです。 そのために分析があるのですが、 戦略は自分で考えるしかないようですね。 今瀬さん、 良い本をありがとうございました。━━━━━━━━━━━━...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点)■アメーバ経営を学ぶために 購入した一冊です。 アメーバ経営とは、 小さな組織を一つの企業とみる管理会計であり、 あくまで道具でしかありません。 そのアメーバという独立組織の中で、 アメーバの責任者がどのように動くのか、 それが大事なのでしょう。・成績がよくないアメーバの責任者はよく交代させられます。 事...

続きを読む
商機を見いだす「鬼」になれ中国最強の商人・温州人のビジネス哲学postedwithamazletat12.07.01郭海東張文彦阪急コミュニケーションズ売り上げランキング:6347Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★☆☆☆(64点)■温州とは、中国上海の南、 台湾の北の位置する地方です。 1980年代には中国改革...

続きを読む
一流の指導者(PHP文庫)postedwithamazletat12.05.04新将命PHP研究所売り上げランキング:774181Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★☆☆☆(67点)■外資の社長を歴任された 新(あたらし)さんの一冊。 サラ・リー社長時代に書いたものですが、 守秘義務のせいかあまり具体的な 仕事...

続きを読む
炎の経営者(文春文庫)postedwithamazletat12.02.13高杉良文藝春秋売り上げランキング:244715Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★☆☆☆(67点)■この本の「炎の経営者」とは、 戦後、日本触媒化学工業(現・日本触媒)を創業した 八谷泰造(やたがいたいぞう)です。 多くの会社が、アメ...

続きを読む
誰も教えてくれなかった運とツキの法則postedwithamazletat11.08.03林野宏致知出版社売り上げランキング:7449Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★☆☆☆(68点)■麻雀好きのクレディセゾン社長が 「運」について語った一冊です。 やはり麻雀と同じように、 仕事も「運」が影響します。 そうした...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点)■ニュースで、 「武富士」元会長から株式を贈与された長男が 約1330億円!の追徴課税を受けていたが、 最高裁で追徴課税が取り消された。 と聞いて、本書を紹介することにしました。 合法的に贈与税を減らすため、長男を香港に居住させて その上で贈与したようです。・街金融は三ちゃん金融(父ちゃん、母ちゃんなど)など...

続きを読む
1 2 3 4 5

>月別(2002年7月~)