「スポーツチーム経営の教科書」あずさ監査法人スポーツビジネスCenter of Excellence

| コメント(0) |

スポーツチーム経営の教科書

【私の評価】★★☆☆☆(69点)


■スポーツチーム経営に絞っており
 珍しいなと思った一冊です。


 内容は予算の月次管理、情報管理の徹底、
 ビジョン、目標設定などと組織として
 必要最低限の内容となっています。


 月次管理はハードルが高いのですが、
 きめ細かい管理のためには
 必要な手法でしょう。


■監査法人の書籍ということで、
 管理面の最低限の内容となっていました。


 経営者としてはこうした最低限のことは
 整備するのは当然であり、できるだけ
 マーケティングに注力すべきなのでしょう。


 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・アメリカのMLB(メジャーリーグベースボール)の市場規模は、
 1995年は1,693億円でしたが、2010年は7,364億円と、
 4.3倍にも拡大しています。
 ところが、日本のNPB(日本野球機構)の市場規模は、
 1995年の1,531億円が2010年は1973億円と1.3倍しか
 拡大していません(p8)


・「ガバナンス」=「組織を規律するための仕組み」
 「コンプライアンス」=「常識を含めたルールを守ること」
 「アカウンタビリティ」=「チームの活動報告を行い、
 信用を得ること」(p14)


・例えばファンクラブの個人情報を
 チームがデータで保有している場合、
 私用PCに移すことを禁止するような管理ルールを策定、
 データのアクセス権者を制限することで
 限られた人しかアクセスできないようにするなど、
 いつ誰が情報にアクセスしたかを事後的に
 チェックできるようにすることが必要です(p45)


・予算が作れれば、その予算に対して実績が
 どうだったかを比較・分析することにより、
 分析結果を現場に伝え、戦略や活動について
 適切な措置を取ることができるようになります(p90)


・状況は刻々と変化していくため、
 少なくとも年度予算を月ごとに細分化した
 月次予算を作成することが望ましいです(p99)


・1 現状把握:簡易現状診断チェックシート
 2 目標設定:目標設定チャート
 3 文書化:業務方針書、標準業務フロー(p130)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


スポーツチーム経営の教科書
あずさ監査法人スポーツビジネスCenter of Excellence
学研プラス
売り上げランキング: 88,669

【私の評価】★★☆☆☆(69点)



■目次

序章 スポーツチーム経営に今求められること
第1章 スポーツチーム経営に必要な知識「ガバナンス」
第2章 スポーツチーム経営に必要な知識「コンプライアンス」
第3章 スポーツチーム経営に必要な知識「アカウンタビリティー」
第4章 スポーツチーム経営に必要な知識「アカウンタビリティー(予算統制・資産管理)」
まとめ 「ガバナンス」「コンプライアンス」「アカウンタビリティー」がスポーツチームを強くする!!



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)