★4起業ノウハウの最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★★☆(88点) ■タイトルの『ウミガメ』とは、  海外で起業し、中国に凱旋する人たちを  中国では、そう呼んでいるらしい。  著者の思いは、同じように  日本人も海外で一旗揚げて  凱旋してほしいということです。  現在、加藤さんは、事業を売却して、  シンガ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点) ■芸人でありながら、絵本を書き、  ハロウィンのゴミ拾いイベントを企画した  「キングコング西野」さんの一冊です。  基本は好きなことをすること。  芸人西野さんの"芸人"の定義は、  好きなように生き抜く人なのです。 ・ひな壇に出る芸人がいて...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点) ■49歳で独立し、ネイル商材卸売業者  ナンバーワンのTATを育てた  高野さんの一冊です。  49歳からの起業には  やはり不安もあったようですが、  やりたいことをやる!  という意思が勝ったようです。  もともと人から指示されるより、  ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点) ■著者は生まれつき骨が折れやすい  という障害を持ち、  自らの足で歩けなくなりました。  この運命に落胆しながらも、  歩くための病院でのリハビリに  打ち込みます。  くじけそうになったとき、  同じ病院の患者のおじさんから  「人生はバネ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点) ■経営者、専門家、フリーランスや、  企業中で活躍している人など、  元気な人たちが自分の経験を  教えてくれます。  すべてが経験談ですから、  説得力があります。  起業や独立しようと思っている人に  ぴったりの話が多いと感じました。 ・事...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点) ■アメリカのインターネットバブル期に  著者はブラウザ開発のネットスケープで  働いていました。  マイクロソフトの無料攻勢で追い詰められ、  ネットスケープがAOLに買収されたのを機に  著者はベンチャー企業を設立します。  インターネット上...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点) ■まだ読んだことのない  斎藤一人さんの本がある!  と入手したら、  「変な人の書いた買ったら損をする本」  を加筆、再編集したものでした。  初期の作品なので、  成功法則をダイレクトに  伝えてくれるのが特徴です。 ・商人は、こだわってこ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点) ■著者のオーレットさんは、  マサチューセッツ工科大学で  起業について教えているらしい。  「起業も教えちゃうのかい!」  さすがアメリカの大学は  違うと感じました。  まず、何を売るのか。  誰に売るのか。  市場の大きさは。  本当に買...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点) ■外資系企業の雇われ社長として  活躍していた著者は、  48歳で弁護士の勉強を始めました。  外資系の社長は業績が悪ければ、  すぐにクビを切られて収入ゼロ。  いかに「70歳まで現役」として稼ぐかを  考えた著者の結論が  弁護士だったので...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点) ■サラリーマンからコンサルタントに  転身した著者の教える  「好きなことで」食べていく方法です。  営業マン時代に配っていた小冊子  「集客できる小冊子」を商業出版し、  コンサルタントに転身した著者。  副業をしているうちに、  人に教える...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点) ■アメリカで和風「ヨシダソース」を売っている  吉田さんの一冊です。  最初は、カラテを教えていましたが、  プレゼントで喜ばれた和風ソースを  売り始めたのです。  「そんなの商売にならない」という声を無視して、  ただ、必死にやっていたら、...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点) ■仙台駅前でも売っている雑誌「ビッグイシュー」。  どんな仕組みになっているんだろうな、  と思っていましたが、この本でわかりました。  月2回発行で販売部数四万部。  一部350円で、180円が  販売者であるホームレスの取り分。  ホームレ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点) ■サラリーマンは本業を大事にしながら、  余剰資金で大家さんになりましょう  という一冊です。  手法としては、  中古の物件を狙います。  賃借できる利回りの良いものを  じっくり選ぶのです。  サラリーマンは一定の収入がありますので、  急...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点) ■米国マサチューセッツ州にあるバブソン大学で  教えている「起業家精神」をまとめた一冊。  なんと、起業家精神教育に特化した大学で、  そのMBAコースは「大学ランキング」で  20年間ナンバーワン。  著者のシュレシンジャーさんは  5年間学...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点) ■「魔法の質問」の質問家  マツダ ミヒロさんの一冊です。  専門家として生きていくために、  いかにして1000人のファンを作るのか、  自分の体験から教えてくれます。  まず、最初には自分の得意なこと、  好きなこと探しから始めます。 ・あ...
続きを読む
1 2 3
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む