★5仕事術の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★★★(93点) ■ソフトバンクの元社長室長が教える  ソフトバンク流仕事術です。  ソフトバンク流を端的に言えば、  全ての打ち手を打っていく  断トツのスピードがすごい。  さらに、その結果を数字で評価して、  毎日改善していく試行錯誤が  すごいのです。 ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■今年4月に女性活躍推進法が制定され、  女性の管理職登用を進める会社が  増えてきました。  女性の立場で考えれば、  管理職としてやり切れるだろうか、  家事と仕事を両立できるだろうか、  と悩みは多いもの。  悩める女性管理職予備軍に  ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(95点) ■リクルートのトップ営業マンから  5年間中学校の校長として働き、  現在、講演、執筆活動をしている  藤原さんの一冊です。  この本の食える人になるための1%戦略は、  いくつかの得意分野を掛け合わせること。  たとえば、まず、  ひとつの分...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■コーチングって何だろう?  コーチを雇って効果があるのだろうか?  コーチは何をしてくれるのだろう?  こうした疑問にコーチングのプロが、  答えてくれる一冊です。  これまで数多くのクライアントを  変えてきた著者の事例を  教えてもらいま...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■ダメ営業マンだった箱田さんは、  友人から勧められた  カーネギーの『人を動かす』を読み、  感動しました。  カーネギーの本に感動した箱田さんは、  借金をしてデール・カーネギー・コース  (セミナー)に参加。  自己重要感を持ちながら、 ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■集中力というよりも、  時間を効率的に使い、  人生の目標を達成するための  手法をまとめた一冊です。  教師として子どもに  教えてきた技術を  大人版に改良したもの。  今風に言えば、  陰山流ライフハックでしょうか。 ・1時間半~2時間...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■HONDAの〝超〟目標達成法とは、  QCのことです。  QC(Quality Control)とは  特に製造業で活用されている  品質管理の仕組み。  職場の課題を解決する手段として、  何十年とそのノウハウが  蓄積されてきました。 ・...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■すべての社会人にとって  もっとも頻繁に使う技術が  会議の技術です。  企業変革コンサルタントから、  職場の会議のコツを  学びましょう。  新しいことをするには  最初は抵抗がありますから  まずは、小さなことから  始めます。  会議...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点) ■以前、メルマガで紹介した  「外資系コンサルが実践する資料作成の基本」  【私の評価】★★★★★(95点)  のマンガ版です。  内容は、ほぼ同じですが、  若い人にはマンガのほうが  取っつきやすいのでしょう。  若い人に限らず、  資料の...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■インバスケットとは、  仮想の事例で上司としての判断を  シミュレーションするものです。  バスケットとは、  机の上にある書類を入れる箱であり、  その中に課題が入っているのです。  それをあなたは短時間に  判断し、指示を出して  いかな...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■コンサルタントである著者が出会った  「仕事ができる人」の特徴を  抽出した一冊です。  「仕事のできる人」は、  「やってみる人」らしい。  やれるのと、  知っているとの間には、  大きな壁があるのです。 ・いわゆる「仕事のできる人たち」...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■セミナー・研修プロデューサーの立場から  売れるセミナー講師を分析した一冊です。  講師という仕事は、  有名な講師が一日何十万円も稼ぐ一方で、  仕事がなく、ひっそりと消えていく人もいる  厳しい世界です。  稼いでいる講師は、  どこが違...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■金融機関で社長まで務めた  横山さんが教える  組織の中で評価される技術です。  横山さんも若いときは生意気で、  左遷されたこともあります。  上司になってわかったのは、  いつも「はい!」と言ってくれる部下を  評価したくなるということで...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■夏目漱石は「草枕」で、  智に働けば角が立つ  情に棹させば流される  意地を通せば窮屈だ  と言っています。  とかく組織というものは、  バランスが難しいもの。  著者は、「情」と「知」との  バランスが大事だと言っています。 ・木下藤吉...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点) ■担当者と管理職の仕事には、  大きな差があります。  担当者は基本的に担当の仕事を、  そして指示されたことを  やっていればいい。  それに対し、管理職は、  担当者に納得ある説明をして、  仕事の指示を出さなくてはなりません。  若くして...
続きを読む
1 2 3 4 5 6
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む