本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「仕事をしたつもり」海老原 嗣生

(2020年9月29日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★★(91点)


内容と感想

■世の中には「仕事をしたつもり」が、
 氾濫しているという。


 「仕事をしたつもり」とは、
 「形」だけで「中身」がない
 仕事のこと。


 例えば、社内会議で配られる
 細かい説明の書きこまれた大量の資料は
 まさに「仕事をしたつもり」。


 質はともかく量を増やすことで
 「私は仕事をしている」という
 アリバイ作りをしているのです。


・文字がびっしり書き込まれた数十枚の資料が配られるたびに、「ああ、またか」と辟易し、資料を読み上げるだけの会議が終わる・・・(p30)


■特に「仕事をしたつもり」が
 ひどいのがお役所だという。


 例えば、「ハコモノ」は建物や
 インフラさえ作れば仕事をしたことに
 なるから、どんどん作られる。


 また、児童相談所は問題家庭を
 訪問すれば非難されることはないから、
 すべての家庭を訪問しようとするので
 危ない家庭がおそろかになる。


 要は実際の成果よりも
 批判されない証拠を残すことが
 大事なのであり、実際そういう人が
 出世する構造となっているのでしょう。


・大切なのは「形」ではなく「中身」・・・児童相談所の職員の多くは、ひとり当たり200件以上の問題家庭を抱えていて、日常業務に忙殺されている・・・均等に「200家庭を全件訪問」することが目的化しているため、超要注意の「0.7~1.4件」が見落とされてしまっている(p79)


■民間企業の職場でも、成果よりも
 残業している人が評価される傾向が
 あるといわれています。


 いくら成果を出していても
 毎日定時に帰るような人は
 周囲の人からの妬みで
 潰されてしまう。


 これは個人レベルでは解決が難しく、
 京セラのアメーバ会計のように
 「労働時間当たりの付加価値」を
 会社の指標にするような工夫が
 必要なのでしょう。


 海老原さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・その昔なら、手書きの汚いメモをベースに、会議・討議が行われていました・・・パソコンの発達により、こうした身内の会議にまで、「きれいな」企画書が必要となり、そのために社員は無駄な労力を要するようになりました(p17)


・残業する人には残業手当が支払われます・・・毎晩10時まで残業する人間は、「そこまで頑張ったのであれば、この業績でも仕方ない」と言われ、逆に定時退社の人は、「もっと頑張れたのでは?手抜きだ」と叱責されたりする(p33)


・街に氾濫する「仕事をしたつもり」コピー・・・「がんばろう!日本」「こだわりランチ」「うまいラーメン屋台の味」(p62)


・なぜ、チャリティと名がつくと相場より安くなるのか?・・・「多くのお金を寄付する」という目的がないがしろにされる・・(p106)


・「仕事をしたつもり」を半分にする。残り半分は、「仕事をしたフリ」をする・・・浮いた時間を、半分は余暇に費やします・・・残りの半分の時間を、真剣に考えることに費やす(p226)


・トヨタユニバーシティーを真似た教育プログラムを作ったところで、なんの意味もないですよ。トヨタには、"教え合い""競い合い""助け合う"風土があるから、この仕組みが生きるのです(p86)


・「非正規社員の数が1700万人を超えた!」・・・学生の非正規社員は約126万人います・・・主婦が全体の半分を占める900万人・・・・つぎに、60歳以上の高齢者(主婦を除く)が約250万人、学生が約150万人(p122)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
海老原 嗣生 、講談社


【私の評価】★★★★★(91点)


[楽天ブックスで購入する]


目次

第1章 何十枚も資料を作って、それで仕事をしたつもり?
第2章 流行のビジネスモデルを学んで、それで仕事をしたつもり?
第3章 みんなで一緒に考えて、それで仕事をしたつもり?
第4章 業界トップの真似をして、それで仕事をしたつもり?
第5章 「お客様は神様です」とへりくだって、それで仕事をしたつもり?
第6章 新しいことにチャレンジしないで、それで仕事をしたつもり?
終章  「仕事をしたつもり」からの抜け出し方



著者紹介

海老原 嗣生(えびはら つぐお)・・・1964年生まれ。リコーを経て、リクルートエイブリック(2006年にリクルートエージェントへと名称変更)に入社。系列のリクルート ワークス研究所で『 Works 』編集長。2008年に人材コンサルティング会社・ニッチモを設立。リクルートエージェント社のフェロー(客員社員)第1号となり、リクルート発行の人事・経営専門誌「Hrmics」の編集長を兼務する。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: