本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

インバスケット試験対策用に「一瞬で正しい判断ができる インバスケット実践トレーニング」鳥原隆志

本のソムリエ 2020/09/28メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(86点)


要約と感想レビュー

 会社の昇格試験の二次試験がインバスケットだということで、手にした一冊です。インバスケットとは限られた時間の中で、仮想の職場でたくさんの判断を行うというビジネスゲームです。


 未決の決済箱(バスケット)にたくさんの案件が入っています。あなたはどうしますか、ということです。この仮想の演習が、実際の仕事と同じような訓練となるのです。


・先週も宇ノ気は同じ失敗をしており、あなたは厳しく指導したばかりです・・・あなたはどのように指導しますか?(p199)


 インバスケットをやってわかるのは、正解を出すことが目的なのではなく、自分の傾向を知るということでしょう。私の場合は、直感的に判断する傾向にあり、リカバリーの想定が甘いという傾向がありました。


 誰にでも判断の傾向はあるもので、その長所を生かしつつ、欠点は補うという考え方が必要なのでしょう。もちろん、相手の性格によっても対応は変わりますが、相手がどうでも変わらない点もありますので、標準的な考え方を学ぶのです。


・案件処理内容も様々です。すべて自分で解決しようとする方、部下にすべてを丸投げする方、表面的な処理をして先送りにする傾向の方などです(p18)


 実戦で鍛えるのがもっともよいと思いますが、こうしたワークで理論や基礎を学ぶことも貴重だと思いました。実戦では失敗は許されないか、傷を負うことになりますので、仮想体験で経験しておく価値はあると思うのです。


 それでも実戦で、インバスケットのような判断ができるかどうかは別ものです。また相手によって結果が変わるので、そうした点も考えて判断すべきです。島原さん、良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・延期の意思決定を行う際には、もう一つ行動が必要です。それは延期できない場合のリカバリー策です(p135)


・「自らの考えを表明する」という単純な行動ですが、時として自分の意見に自信がなかったり、無用な議論を避けたりして、あえて表明しないという方が多いのです(p139)


・プロセスの抜け漏れには次のような個人の特徴があります
 ・情報を十分集めずに判断をする
 ・とにかく判断を急ぐ
 ・対策を一つしか考えない(p29)


・ミニマックス戦略・・・正確に状況が把握できない状態では、プラスを増やす戦略より、マイナス幅をいかに縮小できるかを考えることが有効とされています(p118)


・「やりがいがあって楽で収入の良い仕事なんか本当にあるのか」・・・この問いをぜひ、あなた自身にしていただきたいのです(p214)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

鳥原隆志 、朝日新聞出版


【私の評価】★★★★☆(86点)



目次

第1章―現場で成果を出すインバスケット入門
第2章―判断力を高めるインバスケット36問
第3章―1割の行動を変えれば成果も変わる


著者紹介

鳥原隆志(しまばら たかし)・・・1972年生まれ。株式会社インバスケット研究所 代表取締役。大手流通会社の昇進試験でインバスケットに出合い、株式会社インバスケット研究所を設立。日本のインバスケット・コンサルタント第一人者として活動中


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: