本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「戦う者たちへ (日本の大義と武士道)」荒谷卓

(2020年9月30日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★☆☆(70点)


内容と感想

■著者は陸上自衛隊初の特殊作戦群を
 作り上げ、初代群長となった人です。


 憲法で戦力不保持とした日本では
 自衛隊は戦力ではないのであり、
 建前ばかりの法律とそれを放置する政治家、
 実戦を考えない自衛隊幹部に、
 自衛隊員は日々管理されている。


 さらには外国勢力と連動した政治家、
 教師、マスコミからは、憲法上存在しては
 ならない暴力装置として批判される。


 そうした環境の中で現場の自衛隊員は
 なぜ自分は戦うのか、何のために
 命をかけるのか悩むのだという。


・自衛隊を運用する気構えもない政治指導者と、実戦に使われることなど考えもしない自衛隊上層部に管理されて、自衛隊の中の真の戦闘者たちは日々悶々とした状態にあった(p189)


■日本という国は一見平和なようですが、
 戦後、大切なものを失ったのではないか
 というのが著者の考えです。


 それは、不当なことには戦う心。
 世のため、人のためという公共心。


 そうした影響が靖国神社問題となったり、
 拉致問題の解決を難しくしている。


 今も日本の大切なものを破壊しようとする
 勢力、政治家、マスコミ、学者、知識人と
 いわれる人たちが存在しているのです。


・靖国神社問題・・・国の命令により参戦し命を落とした人々を冷淡に扱い、挙句の果てに外国勢力と声を合わせて批判までする有り様だ。英霊にこのような仕打ちをする国は他に例がない(p91)


■安倍政権が憲法改正を目指したのは
 戦後75年間の矛盾を解消するためで
 あったように感じました。


 現状を変えることはなかなか難しい
 ことですが、誰かが変えなくては
 なりません。


 まずは、自分自身のできる範囲で
 あるべき姿を考えてみる
 ということでしょうか。


 荒谷さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・戦後、自衛隊は長きにわたり政治的に「存在すること」だけを期待され、国土防衛といいながら、現実味のない教育訓練を繰り返してきた隊員は、大過なく退職を迎えることを当然と感じ、「死」に直面する場合の精神的訓練を受けてきていない(p8)


・自衛隊でしばしば耳にする「命令ならば戦います」という戦闘者のモチベーションとは何か・・・多くの場合、仲間外れになりたくないという「愛と所属の欲求(帰属欲求)」、あるいは、褒めてもらいたいという「承認欲求(評価欲求)」であろう(p90)


・戦場ストレスに悩む患者のほとんどが、「あのとき、なぜ自分は人を殺してしまったのか」と、自責の念にかられているという(p80)


・「国体」を英訳すれば「コンスティチューション」、つまり「憲法」である。憲法を抜本的に変えるということは、国体を変えるということに他ならない。さらには、憲法と並ぶ皇室典範が内容を改竄され、一法律に置かれたことの意味は大きい(p23)


・拉致現場は日本全国のみならず海外にまで及ぶ。とくに問題なのは、拉致に加わった犯人が、いまだ一人も捕まっていないということだ・・・拉致した被害者を国外に連れ出すのに、少なくとも十名以上の協力者が必要だ(p2)


・敵意のあるものに対して、一方が「戦わない」と宣言したからといって、平穏でいられることなど、現実にはありえない・・・結局、戦後の日本人が憲法精神に従って放棄したのは「戦争」ではなく、「戦うことも辞さない正義心を持った生き方」なのではないか(p4)


・テレビでは、下品な人間が崇高な考えの人間を批判し、社会の水準を下へ下へと引きずり下ろそうとする(p68)


・少し前までは、「世のため人のために働く」ことを誇りとした日本人が、「自分のために好き勝手なことをするのは当たり前だ」というようになってしまった(p73)


・己れに克つとは、「わがままをしない。無理押しをしない。固執しない。我を通さない」ということ(p75)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

荒谷卓、並木書房


【私の評価】★★★☆☆(70点)


[楽天ブックスで購入する]


目次

第1部 大義の下の戦い
 1日本人が忘れたもの
 2「大義」を喪失した日本
 3 戦わない日本人
 4グローバリズムのもたらすもの
 5「人権思想」の限界
 6個人の「自由」が暴走する社会
 7普遍的な神道の考え方
 8日本建国の理念
 9人間の真心を具現する武士道
 10武士道の体現者
 11自然の摂理に従い生きる
 12共存共栄をめざす武士道精神
 13武士道精神が世の中の邪気を祓う
第2部 戦う者たちの武士道
 14戦いの目的
 15行動する勇気
 16持続する気力
 17実効性ある能力
 18力の組織化



著者紹介

荒谷 卓(あらき たかし)・・・昭和34年(1959)秋田県生まれ。大館鳳鳴高校、東京理科大学。理科大在学中は極真空手流山道場、明治神宮の武道道場・至誠館で稽古を重ねる。卒業後、昭和57年陸上自衛隊に入隊。福岡19普通科連隊、調査学校、第一空挺団、弘前39普連勤務後、ドイツ連邦軍指揮大学留学(平成7~9年)。陸幕防衛部、防衛局防衛政策課戦略研究室勤務を経て、米国特殊作戦学校留学(平成14~15年)。帰国後、編成準備隊長を経て特殊作戦群初代群長となる。平成20年退官。1等陸佐。平成21年、明治神宮武道場「至誠館」館長に就任。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: