本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「とてつもない数学」永野 裕之

(2020年10月 1日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★☆☆(71点)


内容と感想

■数学の入門書として数学者の紹介、
 定理の紹介、数学的な考え方を
 紹介してくれる一冊です。


 私は理系ですので、
 数学は好きなほうですが、
 この本のレベルくらいで十分です。


 すべての偶数は2つの素数の和で
 表せることを証明せよ・・・
 なんて聞かれても困ってしまう。


 こうしたことを一生涯をかけて
 考え続けることが好きな人が
 存在するのですね。


・11と13のように連続する2つの奇数が素数であるとき、それらを双子素数と言うが、双子素数が無限に存在するかどうかもまだわかっていない(p63)


■面白いのは数学の世界でも
 コンピューターが活用されて
 いるということでしょう。


 コンピュータなら単純作業を
 いくらでも続けることができます。


 円周率を計算する。素数を探す。
 すべての組み合わせを計算する。


 ビッグデータもコンピュータの発達と
 統計学との組み合わせで、実用化され
 ているのだと感じました。


・2019年8月現在、実際に見つかっている最も大きな素数は約2480万桁のとてつもなく大きな数であり、GIMPS(Great Internet Mersenne Prime Search)と呼ばれるコンピュータプロジェクトによって2018年に発見された(p66)


■数学も突き詰めると
 ものすごい世界があるのだな、
 と思いました。


 過去の数学者の成果を活用でき、
 パソコンもある現代社会は
 本当に数学的に充実した時代であり、
 良い時代に生まれたと思います。


 永野さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・すべての約数(自分自身を含まない)を足し合わせたものがもとの数字に一致するとき、その数を完全数という。もっとも小さな完全数は6である。完全数は6、28、496、8128、・・・と続くが、1万以下の完全数はこの4つしかない。これまでに完全数は51個見つかっている(p53)


・これまでに例外は見つかっていないものの、正しいことが証明されていない素数に関する「法則」がある。それは「4以上の偶数はすべて、2つの素数の足し算で表せる」(p62)


・だいたいの値を見積もることをフェルミ推定という。近年では、さまざまな企業の入社試験で「東京にはマンホールがいくつあるか?」等の問題が出題(p203)


・1~9を使った3次(3×3)の魔法陣は前頁に紹介した1種類しか存在しない・・・ちなみに1~16を使った4次(4×4)の魔法陣は880種類、1~25を使った5次(5×5)の魔法陣は約2億7000種類、1~36を使った6次(6×6)の魔法陣は約1770京種類あることがわかっている(p300)


・イギリスの数理哲学者バートランド・ラッセルは「(人類にとって)2月の2と2羽のキジの2が同じ2であることに気づくまでには、限りない年月が必要だった」と書いている(p349)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

永野 裕之 、ダイヤモンド社


【私の評価】★★★☆☆(71点)


[楽天ブックスで購入する]


目次

1章 とてつもない数式
2章 とてつもない天才数学者たち
3章 とてつもない芸術性
4章 とてつもない便利さ
5章 とてつもない影響力
6章 とてつもない計算



著者紹介

永野裕之(ながの ひろゆき)・・・永野数学塾塾長。1974年東京生まれ。東京大学理学部地球惑星物理学科卒。同大学院宇宙科学研究所(現JAXA)中退後、ウィーン国立音大へ留学。副指揮を務めた二期会公演モーツァルト「コジ・ファン・トゥッテが文化庁芸術祭大賞を受賞。これまでに1000人以上の生徒を数学指導してきた実績を持ち、永野数学塾は、常に予約キャンセル待ちの人気となっている。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: