本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「最速で課題を解決する逆算思考」中尾 隆一郎

(2020年1月 9日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★★★(94点)


■リクルートに入社し、
 リクルートテクノロジーズ社長、
 住まいカンパニー執行役員、
 リクルートワークス研究所副所長を
 歴任した著者の仕事術です。


 スーモカウンター推進室長時代には
 6年で売り上げ30倍、店舗数12倍、
 従業員数を5倍を達成したという。


 さらにリクルートグループに
 管理会計の仕組みを導入し、
 リクルート社内大学で11年間
 管理会計の講師をしていたという。


 学んだことを業務の中で活用し
 成果を出してきたことが
 よくわかります。


・リクルートでは・・WCMという仕組みがありました・・3年後になりたい姿がW(Will)です。そしてそのWを実現するためには、必要なスキルなどを習得する必要があります。それがC(Can)です・・最後のM(Must)は、その半年に会社がそのメンバーにもとめているミッションです(p68)


■課題解決においては、
 ゴールから逆算して計画する人が、
 生産的であるというのは納得です。


 さらに生産的なのは、
 そもそもこの仕事をやるべきか
 やる必要がなければやらない、
 と断れる人だという。
 そう言われればそのとおり。


 そして、そこからさらに生産的なのは、
 簡単な課題からスタートして、
 短期間に成果を出してから、
 さらに拡大させていく人だという。


 小さく生んで、実績を作り
 大きく育てるという
 実践的な教えなのです。


・「ゴールから逆算する(後ろから考える)タイプ」は・・「すぐに着手する(前からやる)タイプ」より生産性が高いのですが、このタイプEは、さらに生産性が高くなります。タイプEは「そもそも、この仕事をやるべきかどうか」を事前に判断します(p55)


■著者の仕事は、仕組みを動かして、
 成果を作り出していくという
 印象を持ちました。


 悪い情報が上がってこないなら
 上がってくる仕組みを作る。


 プロジェクトがうまくいかないなら
 プロジェクトマネジメントによる
 管理を行なう。


 仕組みを作ることで
 だれでもその仕事の流れを
 再現することができるのです。


 充実した内容でした。


 中尾さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・短期間に成果が出る(相対的に簡単な)論点を解決することから始めるのです・・短期間に成果が出ます。するとプロジェクトメンバーは、「自分たちは、できるのだ!」と自信を持ちます(p95)


・期初に主要ミッションを決めて、メンバー全員と共有し、すべてにプロジェクト定義書を作ります・・・期末には、その振り返りを組織全体で実施します(p163)


・リスク分析の例・・
 実施計画
 重点分析域
 検討を要する具体的リスク
 原因想定
 寄与度
 予防対策
 発生時対策
 発動条件
 発動者名(p156)


・悪い情報が上がってこないのを防ぐツール・・YMC(弱みを・見せ合う・カフェ)・・悪い情報から聞いています。経営陣は、悪い兆しを聞きたいという表明です(p161)


・候補者4人から最適な人を選ぶ(決定分析)
 MUSTの物差し・・
 WANTの物差し・・
 チェックリスト(リスク項目を洗い出し、そのリスクを「予防」「発生時対策」でコントロールできるかを確認(p102)



中尾 隆一郎、秀和システム

【私の評価】★★★★★(94点)


[楽天ブックスで購入する]


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


■目次

第1章 まずはゴールを考える
第2章 論点を明確にする
第3章 仮説を検証してアクションにつなげる
第4章 生産性を高めるプロセスの広げ方・閉じ方
第5章 様々な事例から学ぶ



メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
配信は『まぐまぐ』を使用。


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: