本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「"がんばる経営者"が会社をつぶす:最強の組織をつくる経営術」長友 威一郎

(2020年1月 8日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★★☆(89点)


■著者の会社は、成熟期に達した
 社員数30~60名の中小企業に対し
 自立型組織へ向けたコンサルを
 行っているという。


 成熟期の中小企業の多くでは、
 社長が陣頭指揮をとって
 ここまで成長してきたという
 成功体験があります。


 しかし、なぜか売上・利益が
 伸びなくなったり、幹部との
 関係が悪くなったりする。


 社長自らが陣頭指揮を取り、
 トップダウンで仕事を進める
 やり方に限界がきている
 可能性があるということです。


・トップダウンのやり方・・・このやり方は失敗という結果を招きます。「N字回復」を目指す上で大切な要素である、社員たちが自ら考えて動くという自律心を潰してしまうからです(p29)


■成熟期から衰退期に向かう企業では
 社長と社員との間に距離がある
 場合が多いという。


 社長はトップダウンで指示し、
 部下はただ従っている。


 場合によっては、一部幹部が
 派閥を作って社長と対立している。
 仲間と集団退職してしまう
 ことさえあるのです。


 そうした会社に対し、
 社長と社員との距離を縮めることで、
 幹部や社員が仕事を自律的に行える
 環境作りを提案しているのです。


・会社に対するロイリティはないけれど、スキルだけはあり、組織の中でも非常に高い影響力を持つ「人罪」・・・「人罪」の場合、自分のスキルを認めてもらえていると感じたとき、相手に心を開く傾向があります(p59)


■安定期に入った会社にとって
 トップダウン型組織から自律的組織に
 移るということは、
 大切な視点だと思いました。


 そのためにも社長と社員との
 良い関係を構築する必要があります。


 その上で、理念を共有し、
 権限を譲渡できるのか、
 ということだと思いました。


 長友さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「成長期」の社長の仕事は「陣頭指揮」、「成熟期」の社長の仕事は「何もしないこと」(p15)


・リーダーが社長に「50%の本音」を話せる会社は伸びる!・・・私たちも経営者をサポートするときは、ありのまま全てを社長に報告するということはしません(p88)


・社長がアクセルを踏むと、社内の内部分裂が広がっていくということを理解しておく必要があります。アクセルを踏むなら、少しずつ、社員がついてこられるスピードを自覚することが大切です(p62)


・経営者と社員とのコミュニケーションが希薄な場合は、当社で用意させていただく「社員理解シート」を使った宿題を出させていただいています。1人の社員につき10~20項目ほど埋めていく欄があるのですが、最初はだいたいの経営者の方が埋められません(p92)


・「現場の声を聞くのが怖い」・・・組織コンサルティングのファーストステップが社員の声を聞く「強み発見診断」になります(p130)


・「理念構築合宿」・・1泊2日の合宿で費用は約100万円・・・社長の自生の振り返りと深堀り・・これまでの人生について、研修会場の壁一面にあるホワイトボードに書き込んでいきます・・同時に、モチベーショングラフというものも書き込み、人生に対する社長のやる気が落ちたり上がったりしているのがわかるようにしていきます(p136)


・奥様との関係が悪ければ「奥様に対して、社長は今、ものすごく苦労させていますよね。それでも支えてくれている奥様に、素直に心から『ありがとう』という手紙を書きませんか」と促すこともあります(p142)


・「理念浸透合宿」・・「社長と幹部の和解の場」をつくることから始めます・・・次は「幹部同士できちんと対話する場」をつくります・・・「会社の今の問題や課題を全部洗い出してください。1人100個出してください」・・ほとんどの方が100個も出せません(p149)


・社員同士、社員と幹部、経営者と幹部が自由に意見を言い合えるような環境づくりの一環として・・「社内勉強会、食事会、誕生日会」を非常に大切にしています(p80)


・誕生月が同じ社員を集めて、毎月1回誕生日を祝う食事会を開いています。そこでは、誕生日を迎えた本人の上司からの手紙をプレゼントしています(p83)


・「挑戦型企業」の社長の目は、未来に向いています・・事業や社内組織づくりなど実務的な部分において、半年、1年先のことを見据えた取り組みに着手している状態です(p43)



長友 威一郎、合同フォレスト

【私の評価】★★★★☆(89点)


[楽天ブックスで購入する]


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



■目次

第1章 売上が伸びるほど、社長の仕事が減る理由
第2章 あなたの会社は防戦型? 応戦型? 挑戦型?
第3章 「できる社長」は社員のやる気をなくす
第4章 社員が自然に育つ仕組みづくり
第5章 最強の組織が育つ環境づくり
第6章 社長の"ヒマ時間"が会社の未来をつくる



メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
配信は『まぐまぐ』を使用。


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: