本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「世界一速い問題解決」寺下 薫

(2020年1月 7日)|

【私の評価】★★★★☆(82点)


■ヤフー、ソフトバンクで
 問題解決養成塾「SV研究会」を主宰。
 ヤフーの管理職1000人の人材育成に
 取り組んでいるという著者の
 問題解決法です。


 個人型の課題は70分、
 他部署を巻き込む問題は3日、
 経営の問題は3ヶ月で解決できる!と
 スピードを重視していることが
 わかります。


 素早く70点以上の解決策を作り、
 実行すること。
 そのために現状の問題を把握し、
 解決策を決めていくのです。


・トラブルには、何らかの答えを出さねばいけません・・・「こうじゃないかな?」と仮説を自分の頭の中で考え、相手に納得感がある説明ができるかどうか、そこが問われているのだと思います(p192)


■問題解決の流れとしては
 教科書的です。


 まず、問題解決のために
 ゴールを設定する。
 いつまで、誰が、どうするのか。


 そして現状を把握する。
 ヒアリングするのか、
 観察するのか、
 ブレストするのか。


 問題の構造を把握したら
 その解決策案を出していく。


 そして、その解決策案を
 効果と実現可能性で整理し、
 解決策を決めるのです。


 解決策の実行にあたっては、
 誰が、何をやるのか明確にし、
 進捗を確認していきます。
 計画にバッファーを入れることも
 お忘れなく。


・解決策を効果と実現可能性の2つの視点で優先順位を付けていきます(p224)


■他の本と違うのは、
 著者が取り組んだ具体的な
 問題解決事例が紹介されていること。


 入力ミスを3000分の1にした。
 離職者を激減させた。
 1日半で200人のクレーム
 対応センターを作ったなど、
 生々しい。


 私は、ヤフーの某職場の
 離職者数が多いことのほうに
 びっくりしましたが・・。


 寺下さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・<情報収集の方法1>ヒアリング
<情報収集の方法2>行動観察困った事柄を引き起こしている現場に出向いて、1日から数日、関係者の行動を観察します・・
<情報収集の方法3>稼働分析・・いわゆる「ワークサンプリング」です・・
<情報収集の方法4>ブレーンストーミング(p75)


・ブレーンストーミングを行なうときの
 ポイント・・「批判セズ」「議論セズ」
 「くどくど説明セズ」を実践すると、
 たくさんの意見を出すことができます(p75)


・「経営やマネジメントの問題」も出し尽くす・・ワークショップでは、経営やマネジメントに関する問題も出てくることを部門長に伝えれば、多くは「OK」と言ってくれるはずです。なぜなら、そういった問題を放置しては、ダメなことを部門のトップは、一番知っているからです(p178)


・議論の5つのルール・・
 (ルール1)・・違うテーマの話をしない・・
 (ルール2)・・当てられたら、発言する・・
 (ルール3)フルタイム参加すること
 (ルール4)反対意見がなければ、意見に賛成・・
 (ルール5)発言は、簡潔に表現すること(p205)


・解決策を作成するときは、洗い出した200個それぞれの解決策を考えるのではなく、基本は、重要度、効果度が共に高かった問題だけに解決策を考えていきます(p224)



寺下 薫、SBクリエイティブ

【私の評価】★★★★☆(82点)


[楽天ブックスで購入する]


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


■目次

第1章 ソフトバンク、ヤフーの社員が叩き込まれる
第2章 "超速"で「4つのステップ」を駆け抜けろ!
第3章 解決策を"超速"で実行し、必ず成果につなげよ!
第4章「他部署を巻き込む問題」は3日で解決せよ!
第5章「会社全体を巻き込む難問」は3ヶ月で解決せよ!



メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
配信は『まぐまぐ』を使用。


この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: