★5成功哲学の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★★★(92点) ■ビジネスの世界で成功と  ドン底を経験した横山さんが教える  運が良くなるコツです。  人生は山あり谷あり。  ある時はトップ営業マンになり、  調子に乗っていたら上司と対立し、  左遷させられうつ病になりました。  成功には原因があり、  ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点) ■アメリカのトップコーチである  アンソニー・ロビンズの一冊。  アンソニー・ロビンズは、  うまくいっていない人は、  自分の可能性を制限する否定的な信念を  持っているといいます。  たとえば、  この問題は永遠に続く。  (いやいや、どん...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■米国海軍の最強特殊部隊  ネイビーシールズ元隊員であり、  健康ベンチャー企業の共同創業者である  ミルズ氏の一冊です。  どうすれば逆境に挑戦し、  逆境に耐えることができるのか。  その答えは、  自分の心にありました。 ・死んでもいいと...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(96点) ■著者は、30代で年収3000万円の人、  300人を調査しました。  サラリーマンで年収3000万円は、  一部の成果報酬型を除けば、  ほぼ不可能。  年収3000万円を達成している人は、  粗利益1億円程度の  ビジネスオーナーなのです。...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点) ■不良高校から陸上日本一を大量排出した  カリスマ教師が教える  8つの心を動かす秘訣です。  その8つ秘訣について、  それぞれ8つの言葉を示し、  解説してくれます。  敵は誰ですか?自分です。  仕事と思うな、人生と思え。  一寸先は・・...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(95点)) ■「押し出し」とは、  「見た目」や雰囲気のことです。  初対面の相手に対して  自分がどういう人間なのか、  押し出していく。  例えば、ヤクザなら、  色のついたメガネをして、  目つきを悪くする。  弱そうなヤクザは、  相手になめられ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点) ■本を読めなかった著者は、  成功のコツを最低1個集める、  とハードルを下げることで、  最後まで本を読めるようになったらしい。  その結果、  自己啓発の名著50冊から、  取り組むべき  成功のコツが集まりました。  このメルマガと同じで...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(98点) ■丸井さんは、ノートを使って、  クライアントに自信を持たせ、  3万人もの人生を変えてきました。  まず、クライアントが  最初にやるのは自分を知ること。  そのために  プチ自分史を作ってみます。  自分は何が得意なのか、  どんなことを大...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■テニススクールオーナーが教える  上達のコツです。  テニスも仕事も他の競技も、  上達のコツは同じ。  正しい努力を、  あきらめずに続けていくことが  大事なのですね。 ・何かを上達させたことがある人は、  どんなことも努力をすれば  必...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(95点) ■日本ハムの大谷翔平の  高校時代の目標設定シートを  テレビで見てびっくり。  この本の行動目標の  設定方法と同じだったのです。  大谷は、ドラフト1位を目標として、  「メンタル」「人間性」「運」「体づくり」  「コントロール」「キレ」「...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(95点) ■あの「地上最強の商人」の続編が  翻訳されました。  この本にも「地上最強の商人」と同様、  10の成功の巻物があり、  1つを朝、夜に読むことを1週間続けるので、  10週間で完結します。  「地上最強の商人」では、  5週間×10巻物でほ...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点) ■クイズ王が、20年間、集めた  名言、エピソード集になっています。  幸せに成功する人には、  ある特徴があります。  変えられないことを嘆かないこと。  変えるべきを変えること。  そして、自分にできることは、  できるだけ準備するのです。...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点) ■最近の一人さんは、  「えばっちゃいけねえ、なめられちゃいけねえ」  ということを強調されます。  その意味は、  威張るのはカッコ悪い。  けれども、絶対に  ナメられてはいけない、  ということです。 ・もし、みんなが全員、  オレの部下...
続きを読む
【kindle】【Amazon書籍版】 【私の評価】★★★★★(90点) ■頭の良くなる思考法とは、  自分の課題への対応法です。  だれでも、こうなりたい、  成功したい、幸せになりたい、  と思っているはずです。  その思いを効率的に合理的に  達成する方法論です。 ・自分...
続きを読む
【私の評価】★★★★★(97点) ■進学塾講師として成果をだしながらも、  離婚を体験。  悩みながら自己啓発を究め、  学習塾を創業。  現在は、コーチングで自立人材を  育成している著者が"わが子"に語る半生です。 ・キミが依存から自立に至るために  最も大切な考え方は、 ...
続きを読む
1 2 3 4
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む