本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「斎藤一人誰でも成功できる押し出しの法則(CD付)」みっちゃん先生

(2015年12月16日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

斎藤一人誰でも成功できる押し出しの法則(斎藤一人CD付)


【私の評価】★★★★★(95点))


■「押し出し」とは、
 「見た目」や雰囲気のことです。


 初対面の相手に対して
 自分がどういう人間なのか、
 押し出していく。


 例えば、ヤクザなら、
 色のついたメガネをして、
 目つきを悪くする。


 弱そうなヤクザは、
 相手になめられて、
 仕事にならないのです。


・『人は、見た目が100パーセント』っている法則がある。・・見た目で、その人に対する扱いが大きく変わってくるんだよ(p17)


■だからお金持ちは、
 お金持ちらしい
 服装をすればいい。


 事務所の住所を
 銀座にすればいい。


 屋号は大企業のような
 名前にすればいい。


 すべてが「押し出し」
 なのです。


・なめた態度をとった人も悪いけど、なめられるような恰好をしている自分も悪いんだよ(p156)


■著者は、
 すごくいい人なのですが、
 悪友にバカにされていました。


 そこに、
 一人さんがロールスロイスで
 著者を迎えに来てくれて、
 バカにしていた悪友は真っ青。


 これが「押し出し」なのです。


 みっちゃん先生、
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・二十代のころから、一流のホテルに食事に行くときはタキシードに着替えて行っていたし、二十歳やそこらでローレックスの腕時計もしていた(p24)


・ヴィトンやシャネルのバッグだったら、中古でもいいし、借りてきてもいい。アクセサリーだったらイミテーションでいいから、本物のダイヤモンドみたいに見えて、キラキラした大きなものを探せばいいんだよ(p45)


・みっちゃんはすでに、『いい人』という要素はたくさん持っている。だとしたら、あとは『すでに成功した人と同じように見せればいい』だけ(p22)


・まずは、ひとつでもいいから勝つ。そして、ひとつ勝てたら、もう一個、もう一個って、勝つことを考える。それがいいんだよ(p122)


・怒るヤツには、多少でも愛がある。でも、いばるヤツには愛がないんだよ(p84)


▼引用は下記の書籍からです。

斎藤一人誰でも成功できる押し出しの法則(斎藤一人CD付)
みっちゃん先生
ロングセラーズ
売り上げランキング: 16,687


【私の評価】★★★★★(95点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

第一章押し出しって、いったいなあに?
第二章押し出しの道具は、借りてきてもいい
第三章「押し出しておいて、やさしい人」にみんなが惚れる!
第四章 勝ちを取りに行く道の先に、成功が待っている!
第五章 みっちゃん、生まれてはじめて「セレブ扱い」を受ける

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: