本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「上達のコツ-コツをつかめば、誰でもレベルを上げられる」中山 和義

2015/07/28本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

上達のコツ-コツをつかめば、誰でもレベルを上げられる


【私の評価】★★★★★(90点)


内容と感想

■テニススクールオーナーが教える
 上達のコツです。


 テニスも仕事も他の競技も、
 上達のコツは同じ。


 正しい努力を、
 あきらめずに続けていくこと
 大事なのですね。


・何かを上達させたことがある人は、どんなことも努力をすれば必ず乗り越えられるという自信を手に入れています(p179)


■上達する過程には、
 かならず停滞の時期(プラトー)が
 あります。


 技術の壁があり、
 精神の壁があり、
 体力の壁があります。


 そうした停滞があることを知り、
 あきらめずに練習を繰り返す
ことが
 できるのかどうか。


 うまくいかない人は、
 ここで続けることをやめてしまい、
 うまくいく人が知っている世界を
 体験する前に終わってしまうのです。


・ブームに踊らされてしまう人は、上達の喜びを得る前に、自分とは合っていなかったと思い込んで、次のブームに興味が移ってしまうことが多いのです(p38)


■多くの人を育てた著者だからこそ、
 伝えることのできることが
 あるのだと思いました。


 そして、
 継続した先にあるものを知るためには、
 続けるしかないことも
 わかりました。


 中山さん、
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感したところ

毎日10分間、一つの技術の練習をする・・英語の能力を高めたければ、毎日10分間だけ、ラジオかテレビで英会話を集中して聞きつづける・・(p71)


・テニスに限らず、何か上達させるポイントの一つは、基本的な練習をいかに繰り返し、正確におこなうか、ということです(p8)


・マイケル・チャンコーチは、錦織選手に・・「絶対に勝てる」「自分を信じなさい」という言葉を繰り返し言いつづけました(p3)


・生徒さんに確信を持ってもらうためには、このトーナメントに出場して、勝利している自分の姿を明確に想像してもらうようにしています(p94)


・本番や試合で、緊張しないためには、「練習のときに、あれだけできていたんだから、大丈夫だ。絶対にできる」と思えることです(p104)


・練習の記録を形に残す・・・調子がいいと感じたときには、絶対に動画を撮って残しておく・・(p157)


上達のコツ-コツをつかめば、誰でもレベルを上げられる
中山 和義
きずな出版
売り上げランキング: 33,784


【私の評価】★★★★★(90点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


目次

第1章 どうして、なかなか上達できないのか
第2章 練習する前に必要な準備
第3章 基本をとことん身につける
第4章 メンタルを強化する
第5章 伸び悩みの時期を乗り越える
第6章 コーチの力を活用する
第7章 上達を維持するために把握すること


著者紹介

 中山 和義(なかやま かずよし)・・・1966年生まれ。ヨネックス勤務。退社後、親の経営する緑ヶ丘ローンテニスクラブの経営に参加し、赤字テニスクラブを業界トップクラスに育てる。
 老人ホーム、学習塾を展開中。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: