「人生の目的に気づく24の物語」中山和義

| コメント(0) |

人生の目的に気づく24の物語

【私の評価】★★★☆☆(78点)


■「事実は小説より奇なり」
 と言いますが、


 実際のストーリーが
 人の心を動かし、
 人生を変えることがあります。


 この本には、人生を変えた
 24のストーリーがあります。


・自分が必要としているストーリーや
 言葉に出会ったときに、はじめて
 「自分は何のために生きるのか?
 という人生の目的に気づくことができる(p4)


■人の人生を変えるのは、
 やはり家族との人間関係でしょう。


 お金がないのに、
 進学のお金を必死に稼いでくれた。


 病気の家族を
 みんなで励ました。


 自分は一人ではない
 気づいたとき
 人生は変わるのでしょう。


・私が一番嬉しかったことは、
 母に『もう内職はしなくていいんだよ』
 と言えたことです(p37)


■仕事においても、
 仕事とは何なのか。


 自分は何のために
 仕事をしているのか


 お金のためなのか。
 お客様のメリットのためなのか。


 そうした本質的なことを、
 どう考えているかが、
 大事だと思いました。


 中山さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・マザー・テレサが最初に行った活動は
 自分の身近な人たちへの活動でした(p104)


・他人に心から優しくしてきた方は、
 死を前にしても
 後悔が少ないんですよ(p33)


・病気になるほど頑張るって、
 すごいことだよ(p65)


・「命を使う」と書いて
 「使命」と言います。
 あなたの使命は、
 いったい何なのか?
(p96)


人生の目的に気づく24の物語
中山和義
フォレスト出版
売り上げランキング: 245,839

【私の評価】★★★☆☆(78点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

Chapter 1 人間関係を見つめる物語
Chapter 2 仕事を見つめる物語
Chapter 3 与えられた環境を見つめる物語
Chapter 4 生き方を見つめる物語



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)