本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人生の変え方」高田晋一

2015/12/09本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人生の変え方 (Sanctuary books)


【私の評価】★★★★★(92点)


内容と感想

 読書が苦手だった著者は、成功のコツを最低1個集める、とハードルを下げることで、最後まで本を読めるようになったらしい。その結果、自己啓発の名著50冊から、取り組むべき成功のコツを集めることができました。このメルマガと同じで良い本のエキスを集めた、ある意味、ずるい本だと思います。


・「自分を動かす」・・
 1 一度に1つのことだけに集中する
 2 陽気にふるまい、1日3回は笑う
 3 変えようのない悲劇的事実は、忘れる(p85)


 ところが、こうした本を読んで成功のコツを知ったとしても、99%の人は変わりません。なぜなら90%の人は行動しないからです。いかに自分に成功者らしい行動を取らせるのか。そこが大事なところだと思います。そのためには、「らしい」行動を演技すればいいのだという。


・ダイアー博士はこの中で、人生に奇跡をもたらす方法の1つとして、「理想の人生をあたかも今送っているように行動してみる」という方法を提唱しています(p95)


 いかに「らしい」行動を自分に取らせるのか。それは、なりたい人と付き合う。なりたい姿を書いて、読む。習慣にしてみる。方法はいろいろあるのです。やってみましょう。高田さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・夢を本当に実現化している人・・「誰に言われなくても、日々毎日、実際に努力している」ということだ(p232)


・仮に給料を20万円もらったなら、15万円しかもらえなかったと思って、5万円分天引きすればよいだけだからである・・つまり、生活を一段下げたところから始めるだけでよい・・(p190)


・エイカーは、寝る前に「今日起こった3つのよいこと」を書き出す、という方法を勧めています(p224)


・最も重要なものは「6 紙に書いた文章を毎日、(中略)大きな声で読む」ことである、とナポレオン・ヒルは述べます・・ちょっとした願望をノートなどの紙に書き出すことから始めてみましょう(p88)


・人間は「習慣の動物」と言われます・・週に一度、「今までにしたことのないことにトライする日」を作ってみるのはいかがでしょうか(p28)


・行動をリストアップし、それぞれの「楽しさ」と、その活動の自分にとっての「意義」を10点満点で得点化してみましょう(p32)


▼引用は下記の書籍からです。

自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人生の変え方 (Sanctuary books)
高田晋一
サンクチュアリ出版
売り上げランキング: 8,745


【私の評価】★★★★★(92点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


目次

第1章 もっと楽しく生きられる6つの習慣
第2章 悩みや迷いがなくなる7つの習慣
第3章 夢や願望を叶える6つの習慣
第4章 限りある時間を有効に使う6つの習慣
第5章 人間関係がうまくいく8つの習慣
第6章 お金持ちになる8つの習慣
第7章 幸せになる9つの習慣


著者紹介

 高田晋一(たかた しんいち)・・・(株)成功データ研究所代表取締役。作家。データアナリスト。早稲田大学第一文学部卒業、英国国立ウェールズ大学経営大学院修士取得。電通グループ各社で10年以上、リサーチ・ディレクターとして市場調査やデータ分析を担当。成功哲学に関する研究をライフワークとし、これまでに1000冊以上の文献やデータを調査・分析して、独自の成功理論を確立。その後独立して「(株)成功データ研究所」を設立し、これまでの研究結果を書籍やセミナー、雑誌やWEBの記事などを通じて発表している


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: