「「人生成功」の統計学」晋一

|

「人生成功」の統計学〜自己啓発の名著50冊に共通する8つの成功法則

【私の評価】★★★★☆(80点)


■50冊の自己啓発書から成功法則を
 導き出そうという一冊です。


 確かにこの50冊からなら、
 共通点が出てくるはず。


 だいたい成功哲学というのは、
 似ていますので。


・掲載回数が10買い以上となった「成功術」が8個・・・
 1.願望達成をイメージする。言葉に出す。
 2.ポジティブになる。楽観的になる。
 3.自分の直観や内なる声に従う
 4.他人に奉仕する。与える。
 5.人生の目標や目的をはっきりさせる。
 6.・・・(p47)


■やはり成功とは、自分という素材の
 最高を達成することでしょう。


 成功とは、誰がなんと言おうと、
 人生を通じて自分が幸せであると
 思えること。


 自分が自分の人生の主人公であり、
 成功は自分の思考で感じるものであり、
 自分の思考から生まれるものなのです。


願望の設定は、あらゆる達成の出発点である(p114)


■ただ、やっぱり平均を取ってしまうと、
 インパクトが弱いように感じました。


 成功法則を知ったら、
 あとはあなた次第です。


 うまく活用してください。


 晋一さん、 
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・データ分析の世界では、よく30サンプル未満の集団から
 得られたデータは、分析不可能
 (つまりは「信用できません」ということです)・・
 更に余裕を見て50サンプルくらいあると、
 ある程度信用度がおけるサンプルサイズ、考える(p42)


・ポジティブな人(「前向きな人」「長所を認めてくれる人」
 「話し好きな人」「思いやりのある人」「正直な人」
 「責任感のある人」など)と付き合いなさい(p76)


・50人に断られても51人目にアプローチできる。
 楽観的な人と、20人に断られて心が折れてしまう
 悲観的な人を比べれば、楽観的な人の方が高い成績を
 収められる
のはごく自然なことなのかもしれません(p82)


・約1/5の自己啓発書に書かれていた成功術は、
 「楽しいこと、楽しい仕事に取り組む」というものでした。
 一見、私が幼い頃に言われていた、「努力」とか「苦労」とかと
 むしろ真逆の概念に思えます(p132)


「人生成功」の統計学〜自己啓発の名著50冊に共通する8つの成功法則
晋一
ぱる出版 (2014-01-08)
売り上げランキング: 5,972

【私の評価】★★★★☆(80点)


■目次

第1章 最も多く書かれていた「成功術」は何か
第2章 人生を成功に導く、「最強成功術」の中
第3章 「最強成功術」のまとめとその意義


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)