本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「2分以内で仕事は決断しなさい」吉越 浩一郎

本のソムリエ 2014/02/03メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

2分以内で仕事は決断しなさい


【私の評価】★★★★☆(82点)


要約と感想レビュー

■トリンプでのスピード経営で、
 18年連続増収増益を達成した吉越さんの
 経営法です。


 やはりなんといっても、
 大きな特徴は、社長直轄の早朝会議でしょう。


 毎日、一時間から一時間半で
 40~50のテーマを話し合います。


 社長と担当者が、
 議論して決定する。


 たった2分程度で決まるのです。


・私が議題を選び、担当者が報告する。私が質問をして、担当者が答える。煮詰め方が甘ければ、さらに私が突っ込んで、担当者が負けじと言い返す。私を見事納得させることができれば、次の議題にパッと移ります。この間、一分~二分弱です(p12)


■宿題は、翌日に期限が切られるので、
 担当者は必死に対応することになります。


 社長が相手ですから、 
 担当も必死でしょう。


 それも残業が禁止ですから、
 時間内でできることをするしかない。


 これがスピード経営を
 支えているのだと思います。


・どんな業務であれ、必ずデッドライン(締め切り)がつけられます。デッドラインは基本的に翌日。・・・最長で一週間までデッドラインを設定できます。一週間でも難しいときは、工程表を報告させます(p16)


■私も、吉越さんに近い上司に
 仕えたことがあります。


 毎朝の会議が真剣勝負。
 自分のレベルが急速に上がりました。


 自分なりのスタイルが作れれば、
 楽しいのだと思います。


 吉越さん、 
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感したところ

・早朝会議が終わって三十分ほど経つと、社員それぞれのPCと携帯電話に、会議の議事録メールが送られてきます(p54)


・トリンプでは、川があるならとにかく飛び込め、と教えています(p1)


・仕事が早い人は、机の上がきれいです(p22)


・先日の会議では、特別ボーナス決定のプロセスをオープンにしました。・・「特別ボーナスを出したいが、そのためにはあと○○円売ってもらわなきゃならないよ」と発破をかけたのです(p64)


・なぜ利益が思うように上がらないのか。その原因を突き詰めていくと、じつはやるべきことをやっていないだけというケースが非常に多い・・・打てる手はすべて事前に打つ。当たり前のようですが、それが利益を生む最大のコツなのです(p157)


・組織がフラットだとトップの決断が活きてくる・・・トリンプは、私がトップで、その下に本部長、部長、課長、一般社員と続く。(p177)


・私は機会があればなるべく現場に顔を出すようにしています・・・「いま売れてるのはどれだ?新商品を見て、お客様はなんて言ってる?「この棚、空いているよ。在庫ないの?」(p180)


▼引用は下記の書籍からです。

2分以内で仕事は決断しなさい
2分以内で仕事は決断しなさい
posted with Amazonアソシエイト at 14.02.02
吉越 浩一郎
かんき出版
売り上げランキング: 93,504


【私の評価】★★★★☆(82点)



目次

第一章 スピードのない会社は生き残れない
第二章 会議でスピードは速くなる
第三章 利益を生み出す「ムダ取り仕事術」
第四章 仕事を100倍面白くする方法
第五章 デキる社員は勝手に育つ
第六章 利益を生む組織を作りなさい


著者紹介

 吉越 浩一郎(よしこし こういちろう)・・・1947年生まれ。大学卒業後、メリタジャパンなどを経て1983年にトリンプ・インターナショナル(香港)入社。プロダクトマネジャーなどを経て、86年よりマーケティング本部長。87年代表取締役副社長。92年代表取締役社長。毎朝八時半に開かれる「早朝会議」をはじめ、「ノー残業デー」「がんばるタイム」など、効率重視の経営で、19年連続の増収増益を達成。2006年、予定どおり60歳で社長を退任。吉越事務所を設立。


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: