本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ほんとうは仕事よりも大切なこと」吉越 浩一郎

(2020年7月16日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(84点)


内容と感想

■女性下着メーカートリンプで
 19年連続増収増益という実績を残し
 引退した吉越さんが教える
 ワークライフバラスです。


 奥様がフランス人ということもあり、
 現役時代は奥様の圧力によって
 定時退社を余儀なくされたという。


 定時退社を前提としつつ、
 自分を追い込み仕事を効率化し、
 成果と実績を出していくのが
 吉越流です。


・私生活を大事にしたいからと、仕事をおろそかにしたままで何が何でも定時退社、という発想はあまりに短絡的です。定時退社を前提に、仕事の効率化を図るためにとことん自分を追い込む。成果も実績もちゃんと上げたうえで、堂々と定時退社する。これがスジだと思います(p204)


■吉越さんに言わせると、
 職場とは遅くとも65歳で終了する
 仮想空間です。


 仮想空間の中で社長や課長という肩書が
 与えられ、その役割をこなすことで
 決まった報酬をもらえるのです。


 ただし、それは会社という組織を
 動かすための仮想空間であり、
 定年とともにその空間は人間関係含め
 すべて消滅するのです。


 そんな仮想空間のために
 家族との食事、ふれあいの時間を
 失ってしまうのはいかがなものか、
 というのが吉越さんの考えです。


・仕事はゲーム・・・仕事の場は、一種の「仮想空間」・・・仕事を前提とした人間関係が、定年と共にプツンと切れてしまう・・・仮想空間で結ばれた関係は、ゲームオーバーと共にリセットされてしまうのです(p29)


■私は松下幸之助も好きですので、
 「会社は社会の公器である」
 「仕事は失敗すれば血が出る真剣勝負」
 という考え方も好きです。


 しかし、実際問題、普通の職場なら
 遅くとも65歳には会社員人生は
 終わります。


 その後の生活も考えて
 一生付き合うであろう家族との時間を
 意識して確保する必要があるのでしょう。


 吉越さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


この本で私が共感したところ

・フランスには週35時間以上働いてはいけないという法律があって、平日5日間の1日の平均就労時間は7時間。フランス人はそれ以上働きたがらないので、まず残業などあり得ない。だから、ワークとライフのバランスを取るという発想自体が出てこないというわけです(p17)


・家計を支えるサラリーを得るために、家族との夕食はおろか、顔を合わせる時間さえ奪われるような働き方をして、はたしてそれは、本当に「家族のため」と言えるでしょうか(p24)


・「人生を楽しむ」とは、たんに享楽的にはしゃぎまくるということではなく、ときには苦難にも直面する毎日の生活をまるごと楽しむ、そんな感覚です。「楽しむ」という言葉を「味わい尽くす」と言い換えてもいいかもしれません(p74)


・愛するということは、互いを見つめ合うことではなく、共に同じ方向を見つめるということだ(p38)


・休日が、平日に働くエネルギーを回復させるための「安息日」・・・遊び方を知らないから、何をやっても中途半端・・・毎日が粗大ごみ・・・やはり現役時代から、休みの日は遊ぶ、何かして楽しむという習慣をつけておかないといけないのです(p79)


・寄り添う言葉・・・「そうだね」まず、このひと言を最初に言えばいいのです(p96)


・結婚生活では・・・さまざまな波風が立ちます・・・「自分はこう思うけど、きみはどう思う?」「私はこう思うけど、あなたは?」単純化すれば、この繰り返しでいいのです(p141)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

吉越 浩一郎、プレジデント社


【私の評価】★★★★☆(84点)


[楽天ブックスで購入する]


目次

偶然を大切にすれば、必ず「運命」に出合える
仕事の生きがいなんて、あくまで期限付き
役割を演じる職場での自分は「仮想現実」
「流れ」を感じたら、その勢いに身を任せよう
価値観の違いが結婚の高いハードルになるなんてウソ
結婚とは、ふたりで同じ方向を見つめて歩んでいくこと
「おしどり夫婦」と言われて喜ぶのは情けない
手をつなげば、互いの心が穏やかになる
妻に育てられるのは、男子の本懐
「いい人」に絶対なっちゃいけない



メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: