本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「デッドライン決断術-ムダな仕事はネグれ! 」吉越 浩一郎

2015/09/17本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

デッドライン決断術-ムダな仕事はネグれ! (祥伝社新書 175)


【私の評価】★★★★☆(85点)


内容と感想

■「早朝会議」の吉越さんの
 決断のコツです。


 吉越さんは天使のブラのトリンプで
 14年間社長をしていましたので、
 決断とは経営者としての決断です。


 決断はYESかNOですので、
 報告者は、
 「この問題には、こうしたいと思います」
 と提案しなくてはなりません。


 つまり腹案を持ったうえで、
 報告するということです。


・会議は「話し合いの場」ではない。「決断を下す場」である。だから、報告する人間には、ただ問題提起して「どうしましょう」ということは許されない。こちらが下す決定は「イエス」か「ノー」かの二者択一だから、報告者は「こういう問題があるので、こうしたいと思います」という自分の結論を示さなくてはいけないわけだ(p138)


■決断を急いで、
 拙速になってはいけません。


 決断するために、
 十分な情報を集め、
 共有する必要があります。


 また、決断が遅れれば、
 その間は、問題を
 先送りすることになります。


 そうした限られた条件の中で
 バランスのとれた決断をするために、
 期限を決めて、議論していくことが
 必要なのです。


・「与えられた状況」が変われば従来のパターンは通用せず、前例のない判断を下して自らを変えることが必要だ・・そこには前例にとらわれない「判断」が求められる・・「判断」のところでデッドラインを設定することが大事だ(p81)


■「いつまでに決める」
 「そのために、これらの情報を集め、
 分析する」


 そうしたことを
 共有して議論を進めることが
 大事なのでしょう。


 吉越さん、
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感したところ

・会議というのは、結論だけではなく、判断にいたるプロセスまで社内で共有することが大事だ。・・現場での微調整が必要になっても・・グズグズと考え込むことなく先に進めるわけだ(p75)


・会社とは、いわば「売上を高めて利益を上げる機械」なのだ。この本質をわきまえずに、これからの荒波を乗り切ることはできない(p27)


特殊な事態が発生した後には必ず「反省会」を開き、改善点を見つけてマニュアルに残したものだ。「禍を転じて福」とするような態度が、本来なら仕事のレベルを向上させるのである(p118)
 

・仕事のできる人間というのは、メールの返信ひとつにしても早い。周囲を観察して、そういうことに気づけるかどうかも、「暗黙知」を身につけられるかどうかのポイントだろう(p134)


・働く人々の勤勉さを「悪用」して、リーダーたちがサボっているといってもいい。・・日本人の「忠誠心」もまた、無駄遣いされ、悪用されている(p196)


▼引用は下記の書籍からです。

デッドライン決断術-ムダな仕事はネグれ! (祥伝社新書 175)
吉越 浩一郎
祥伝社
売り上げランキング: 103,927


【私の評価】★★★★☆(85点)


目次

第1章 なぜ頑張っても幸せになれないのか
第2章 こんな時代にこそ求められるデッドラインの発想
第3章 リーダーは「判断」するのが仕事
第4章 「ネグる力」を身につけよ
第5章 個人もこの国もデッドラインで立ち直れる



著者紹介

 吉越 浩一郎(よしこし こういちろう)・・・1947年生まれ。大学卒業後、メリタジャパンなどを経て1983年にトリンプ・インターナショナル(香港)入社。プロダクトマネジャーなどを経て、86年よりマーケティング本部長。87年代表取締役副社長。92年代表取締役社長。毎朝八時半に開かれる「早朝会議」をはじめ、「ノー残業デー」「がんばるタイム」など、効率重視の経営で、19年連続の増収増益を達成。2006年、予定どおり60歳で社長を退任。吉越事務所を設立。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: