本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「会社にお金を残す経営の話」椢原浩一

(2020年7月17日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(80点)


内容と感想

■黒字化再建コンサルタントを自称する
 椢原(くにはら)さんの一冊です。


 その手法は限界利益に注目し、
 限界利益で固定費を回収する
 という考え方で利益を把握するもの。


 限界利益とは、1つの商品を
 売ったときの利益で、商品の
 売価から原価を引いて求めます。


 つまり、固定費と変動費を分けて、
 いつ固定費が回収されたのか知れば、
 それ以降の限界利益がまるごと
 利益になっているのです。


・「限界利益だけをみる」・・「節税をしても会社にはお金が残らない。納税をすればお金が残る」(p3)


■そして大切なのは、固定費を
 適切に振り分けることだという。


 つまり事務所や総務・経理といった
 バックオフィス費用をそれぞれの
 商品にどのように割り振るのか。


 固定費の割り振りが適切でないと、
 本来利益が出ている商品も
 利益が出ていないように
 見えることがあるからです。


 利益がでているのか、いないのか。
 固定費をどう回収するのか。
 こうした判断を現実を把握し、
 適切に判断するのが経営なのでしょう。


・変動費は「売上」に比例するものではない・・・「変動費」は数量に比例すると考えるのが最も妥当だ(p118)


■アメーバ会計に近い手法だと思いました。


 会社のどの部分が利益を出して、
 損失を出しているのか把握することで、
 正しい経営判断ができるのです。


 いかに真実の経営状況を会計で
 把握できていない会社が多いのか、
 ということだと思いました。


 椢原さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


この本で私が共感したところ

・限界利益が固定費を上回れば、その瞬間から利益が出る・・・だからこそ、社員と今どれだけの利益が出ているかということを月中で共有することがとても重要だ(p125)


・節税をしすぎてはいけない・・・納税を嫌い、お金を使ったほうが良いと考え、内部留保をしなかったという私の判断ミス・・・納税をして、税引後利益をしっかりと計上する。このことが会社を強くし、お金を残し、継続していくためのとても大切なポイント(p150)


・会社のビジネスプロセスを明確にし、そのプロセスでどういう業務があるのかを調べ、その業務が必要なのか、止めることができないのか、代替できないのかを検討することが重要なことで、科目だけを眺めていても何も発見できない(p106)


・利益そのものは通帳のどこにも存在しない。しかし、その利益があるからこそ、未来に事業を存続させるためのコストをかけることができる(p47)


・会社にとって大事なことは、経営者が直接社員に話をすること・・・組織のカタチや役職を使って、何かをするのは中小企業には向かない(p129)


・いつ何が起きるのかは誰にもわからない以上、経営者の責任で、年齢に関係なく、自分にもしものことがあったときはどうするのかを決めておくこと(p156)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

椢原浩一、あさ出版


【私の評価】★★★★☆(80点)


[楽天ブックスで購入する]


目次

プロローグ 破たん会社から再スタート、超黒字会社に
第1章 遼、経営者としてゼロからの出発
第2章 遼、会社にお金を残す仕組みを理解する
第3章 遼、奮闘し超黒字企業にする
第4章 武志、最後の意思決定
第5章 〈まとめ〉櫻田ノートで復習する


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: