本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「やってみてわかった成功法則完全実践ガイド」高田晋一

(2020年11月 2日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(87点)


内容と感想

■リサーチ会社で10年間会社員を経験し、
 成功している人を横目で見なら
 著者は成功法則を研究しはじめました。


 自分はこんなに努力してきたのに、
 学校では成功のための方法を
 まったく教えてくれなかった。


 であれば、自分で調べよう。
 著者はリサーチするのは
 得意だったのです。


 この本では47冊の成功哲学本から
 その共通点を分析していきます。


・マイクロ目標・・・確実に続けられて、無理のない目標にする(p182)


■この本を読んでやはり成功法則は
 確立されていると思いました。


 それぞれの書籍はさまざまな切り口から
 成功法則を説明していますが、
 その原則は変わらないのです。


 自分の心の底からやりたいことは
 何なのか、自分の得意なことは何なのか
 把握することがスタートとなります。


 自分を知るということが基本であり、
 常に最も難しいことなのです。


・具体的(Specific)、測定可能(Measurable)、実行可能(Actionable)、意義や目的に則している(Relevant)、期限が明確(Timely)な計画を立てる(p175)


■落ち込んだときに
 立ち上がる方法までカバーされており、
 よくまとまっていると思いました。


 著者はこの成功法則を応用し、
 会社員から独立して成功データ研究所を
 設立しました。


 自らの人生を実験台として
 着実に行動しているところが
 説得力をもたせています。


 高田さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・自分の才能を見分ける8つのチェックリスト・・『ゴール 最速で成果が上がる21ステップ』に出てくる分析手法を見ていきましょう(p66)


・あなたが人生で学んだ最も大切なこと(子供たちに伝えたいこと)を3つ挙げてください。また、その理由を挙げてください(p73)


・毎日僕は自分の願望を「声に出して読む」ということを続けました・・・ふと気づくと自分が「作家になる」ということがごく当然の事実であるかのように考えるようになってきます。そうなると、同時に「まだ作家になっていない現状」にだんだんとストレスを感じるように・・(p150)


・『道は開ける』に出てくる「悩みの9割を追い払う方法」・・・「①悩んでいる事柄を詳しく書き出す」「②それについて自分にできることを書き記す」「③どうするかを決断する(p214)


・『最善主義が道を拓く』・・・落ち込んだら、まずは自分の感じたことをそのまま吐き出す許可(Permission)を与えます・・・次に・・・「失敗」を「成長した場」として捉え直し、状況を再構築(Reconstruction)します。そして最後に、より広い視野(Perspective)から眺めて、心配や落胆を小さくする(p274)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

高田晋一、ディスカヴァー・トゥエンティワン


【私の評価】★★★★☆(87点)


[楽天ブックスで購入する]


目次

第1章 「成功する」にはどうすればいいのか?
第2章 「やりたいことを見つける」にはどうすればいいのか?
第3章 「夢をかなえる」にはどうすればいいのか?
第4章 「目標を達成する」にはどうすればいいのか?
第5章 「悩みを解決する」にはどうすればいいのか?
第6章 「折れない心を持つ」にはどうすればいいのか?


著者紹介

 高田晋一(たかた しんいち)・・・(株)成功データ研究所代表取締役。作家。データアナリスト。早稲田大学第一文学部卒業、英国国立ウェールズ大学経営大学院修士取得。電通グループ各社で10年以上、リサーチ・ディレクターとして市場調査やデータ分析を担当。成功哲学に関する研究をライフワークとし、これまでに1000冊以上の文献やデータを調査・分析して、独自の成功理論を確立。その後独立して「(株)成功データ研究所」を設立し、これまでの研究結果を書籍やセミナー、雑誌やWEBの記事などを通じて発表している


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: