本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「斎藤一人 15歳からの成功哲学―最低、目からウロコが100枚落ちる」小俣 治郎

(2012年4月14日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

斎藤一人 15歳からの成功哲学―最低、目からウロコが100枚落ちる


【私の評価】★★★★★(96点)


■あまりまじめに働こうとしなかった
 15才のサーファー小俣 治郎くんが、
 一人さんという大富豪に導かれ、
 成長していく物語です。


 治郎くんの成長と
 それを見守る一人さんに
 感動しました。


・普通の人が飛躍的によくなれるかどうか、っていうのは、優秀なお師匠さんをもてるか、どうかにかかってくる。・・その人に道案内を頼めば、道に迷わずに済むじゃない?(p18)


■最初のうちは、
 仕事をしていても楽しくありません。
 なんで、こんな苦労をしなくては
 いけないんだ。


 疲れたサラリーマンみたいには
 なりたくなかったのに・・・。
 治郎くんが悩んでいると、
 ちょうど一人さんがやってくるのです。


・「自分らしい生き方って、何だろう」・・そんなこと考えてても、答えは出ないよ。今、自分がやってる仕事を嫌になるくらいやるの。そうすると、不思議なモンだけど、楽しくなってくる。それが、答えなんだよ。・・(p97)


■治郎くんは、仕事にまじめに取り組み、
 売り上げも上がるようになってくると、
 今度は、人を指導する立場になりました。

 
 ところが、一人さんから
 「人を喜ばすことが基本」と
 教えてもらっているのに
 なかなかできない。


 研修会もうまくいかない。
 部下との関係もギクシャクしている。
 そんなとき、また一人さんが
 アドバイスをしてくれるのです。


 自分を生かしてくれる人たちに
 感謝しないといけないよ。
 人は強みと弱みがあるんだよ。


 人の上に立つ人の仕事は、
 人の強みがいかせる仕事をしてもらうことだよ、
 と教えてくれるのです。


・アイディアなんてごく一部の人から出ればいいんだ。ひらめかない人は、ひらめかなくていいの。それ以外で、自分の強みっていうのを発揮していればいいんだよ(p142)


■治郎くんのレベルに合わせて、
 語りかける一人さんに感動しました。


 「愛」というものが、
 少しわかったような気がしました。


 小俣さん、良い本を
 ありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・私の意見にも、一人さんは一切否定せず、「なるほどね、それはそうだよな」と受け止めてくれる。そのうえで、「他にも、こういう考え方はできないかい?」「こういうやり方もあるんじゃないの?」というように、ヒントをくれる。(p22)


・子どもは勝手に育って、勝手に学ぶ力を持ってるから、その力を信じてあげればいいんだよ・・・いつのまにか、母は小言を一切言わなくなり、「お母さんは、アンタたちを信じてるよ」が口グセになりました。(p54)


・人間には、理性と感情がある。・・・人間、理性じゃ、動けないんだよ。感情で動く動物なんだよ。最終的に愛のない言葉では、人は動けないんだよ。(p126)


・人生には、精神的な成功と、経済的な成功。この二つが必要なんだ・・(p85)


▼引用は下記の書籍からです。


【私の評価】★★★★★(96点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , , ,



同じカテゴリーの書籍: