人生を変えるほど感動する本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「仕事と人生」斎藤 一人

2019/06/21公開 更新
本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事と人生


【私の評価】★★★★☆(89点)


要約と感想レビュー

 おなじみ健康食品販売で億万長者の一人さんの仕事についての講演をまとめた一冊です。


 一人さんは誰からほめられなくても、自分をほめなさい、といいます。今の自分で十分だというのです。毎朝起きて、仕事へ行くだけであなたはスゴいのです。仕事をして誰かに利益を与えていることだけで偉いというのです。


 自分こそが、もっとも大切な自分であり、自分を認めることが自信につながるのです。自信があるから、人を褒めることができるようになります。人は自分のことをほめてくれる人にはまた会いたいと思います。自分を認めることができれば、他人を褒めることもできる。人を褒めると、運命が開けるのです。


・誰からもほめてもらえなくても、いいの。自分で自分をほめてあげるんだよ。「自分なりに努力してるな」・・・あなたは、今のままの自分で十分なんです(p30)


 逆にバカにされたら、冷静に「私はバカではありません。謝ってください」と言わなくてはなりません。イヤなときは「イヤだ」と言うべきなのです。なぜなら、自分こそが大事な自分だからです。威張っちゃいけないけれど、なめられちゃいけないのです。


 また、我慢からは恨みしか生まれません。そもそも人をバカにするような人とは関わらないように距離を置くのが、最善の対応なのでしょう。一人さんって、思ったより合理的なんだと思いました。自信を持つという合理的なことを優しい言葉で教えてくれるのです。


・バカにされたら、時には怒ってもいいんだよ(p82)


 一人さんは、商売では魅力的にならないといけないという。この人と仕事がしたい。このお店で商品を買いたい。そう思われるような魅力が必要だというのです。だからライバルが出てきたときは、「自分も同じことをやる」るのです。頼まれたら自信があるように振る舞うのです。本当は自信がなくてもいい。「自信がありそうに見える人」になることが魅力的なのだというのです。


 同じ業種で同じ年代で、魅力的な人が自分とどこが違うか、研究してみることもオススメだという。着ている服とか、髪型とか、外見でもいい。考え方とか読んでいる本とかを調べてマネてみるのも効果的なのです。


 一人さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・大切なのは「困った」とき、「イヤなことが起きたな」と思わないこと・・「考え方を変える時期だな」「問題を処理できるように、いい練習ができるな」と思えば、困ったことにはならない(p62)


・一人さんはね、いつかうまくいくってわかっているの。だから、失敗しても失敗とは思わず、焦らなかった。失敗って「練習」なんだよね(p27)


・「何があっても大丈夫です。私に任せてください」そういう気持ちで、仕事をしてごらん。堂々とした顔で仕事をするだけで、人から信頼されるようになるんです(p78)


・10年先より一歩先を考えること・・常に「一歩先って何だろう」って考えることだよ(p55)


・今やっている仕事の中で、知恵を出したり、イヤなことをおもしろくなるよう工夫したりする。つまり、「仕事をゲームに変えてしまう」ことなんだよ(p24)


▼引用は下記の書籍からです。
仕事と人生
仕事と人生
posted with Amazonアソシエイト at 19.06.19
斎藤 一人
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 88


【私の評価】★★★★☆(89点)


目次

第1章 一人さんがたどり着いた仕事と人生で一番大切なこと
第2章 令和を生きる人の働き方の極意
第3章 仕事と人生が劇的に好転する心得
第4章 お金から仕事と人生を学ぶ
第5章 神さまを信じる人はどんどんよくなる



著者紹介

 斎藤一人(さいとう ひとり)・・・「銀座まるかん」(日本漢方研究所)創設者で納税額日本一の実業家として知られる。また、著作家としても、心の楽しさと経済的な豊かさを両立させるための著書を何冊も出版している。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: