「ある世捨て人の物語: 誰にも知られず森で27年間暮らした男 」マイケル・フィンケル

| コメント(0) |

日本よ、もう謝るな! (ASUKASHINSHA双書)

【私の評価】★★☆☆☆(62点)


■アメリカのメイン州の森の中で
 27年間一人で過ごしていた人間が
 いたという。


 自給自足をしていたのではなく、
 なんと泥棒をしながら
 行きていたというのだ。


■一人で生きていくのは勝手だが、
 泥棒をしながら生きていくとは
 身勝手なものだ。


 その経緯を書いただけの本なので、
 評価は低くなりました。


 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・毎秋、野営地に食べ物を備蓄し、それから五、六カ月じっとしていた・・雪が解けて足跡を残さず森を抜けられるようになるまで(p28)


・ナイトが別荘、住居、キャンプに盗みに入ったおよその回数・・「年に40回です」・・この27年間、毎年このくらいだったという(p29)


・野営地の外辺部に目を移すと、A型構造物のキッチン側入り口付近にある平べったい岩が、ナイト本人と衣服の洗い場になっていた。洗濯用洗剤と石けん、シャンプーとかみそりがここに貯蔵してあった・・デオドラントはアックスを好んで盗んでいた。27年間で一度も温かいシャワーを浴びていないが、バケツに入った冷水を頭からかぶっていたという(p78)


・ソロー最大の罪は、『ウォールデン』を出版したことかもしれない。ナイトいわく、本を著し、自分の考えを商品としてパッケージ化するなど、本物の隠者のやることではない(p98)


・ガスボンベは生命維持にかかわる必需品だ・・調理のためではなく(冷たい食べ物でも栄養は摂取できる)、暖をとるためでもなく(テント内で火を燃やしたら一酸化炭素中毒で死にかねない)、ひたすら雪を溶かして飲み水を作るためだ(p135)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


日本よ、もう謝るな! (ASUKASHINSHA双書)
山岡鉄秀
飛鳥新社 (2017-07-28)
売り上げランキング: 74,487

【私の評価】★★☆☆☆(62点)


■目次

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)