人生を変えるような良い本の要約を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「仕事はおもしろい―当代きっての実業家が 明かす仕事術の神髄!」斎藤 一人

2017/06/26本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事はおもしろい―当代きっての実業家が 明かす仕事術の神髄!」斎藤 一人


【私の評価】★★★★★(94点)


要約と感想レビュー

 納税日本一の斎藤一人さんが、仕事で成功するコツを教えてくれます。


 食えるようになるまでは、一流のお店を真似してレベルを上げること。こだわって、こだわって、試行錯誤しながら、レベルを上げていくのです。


・ものごとってこだわりなんだよ。「どこまでこだわれますか」なんだよね、成功とは(p20)


 一生懸命やっていると、良い人と出会いうまくいく。一生懸命やっていると、合わない人と出会って、職場がバラバラになる。


 一生懸命やっていると、経営者として必要なことを学ぶために必要なドラマが起きるのです。


・目的地を見つけらた、そこへ進むことだけ考えればいい。成功とは旅路なんだよ。自分が決めた道をとことこ歩いているときに、ドラマが起きる。そこで人と出会うんだよ(p22)


 そうしたドラマを通じて、自分を高めていくことだと思いました。自分が変われば、周りは変わるのです。


 一人さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・一番たいせつなのは、あなたを世間が見てどう思うかなんだよ。そのことを一番よく知っているのは詐欺師なんだよ。(p86)


・みんなね、世間の見る目というのを甘く見てるんだよ・・世間を敵に回すようなことをしちゃいけないの。人生でも失敗する。商売でも失敗する(p82)


・ラーメン屋をやるなら、ラーメン屋が見に来る店をやる・・それがプロ中のプロってこと(p36)


・最後は実力なの。実力ってなんですか。考えて、やって、考えて、やって、失敗して。何回もやっているうちに、砂金取りと同じで・・やっていくと、金の塊になる(p39)


・この世はね。幻なんだよ。自分が映し出す幻なんだよ・・自分が変われば世の中は変わるんだよ。それなのに人を変えようとするんだよ(p114)


・人の魅力って、その人が限界を超えたときに出てくるんです。しゃべるのが苦手な人が一生懸命しゃべってると、人に大きな感動を与えるものなんです(p152)


・一番言いたいのは、仕事のことで限界を打ち破ることが、ゴルフでホールインワンを出すことと同じくらい楽しくなっちゃえば「勝ち」ってことなんです(p142)


・人に世話になるのは恥ずかしくないんだよ。世話になったことを忘れるのは恥ずかしいんだよ(p98)


・今、原発の事故で大騒ぎしてますけど、実際のところは、夏になったら、川へ遊びに行ってなくなる人のほうが多いんです。交通事故は、年間で1万人死んでいます・・自殺者は3万人以上います。なのに、原発のほうが騒いでいる(p187)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


▼引用は下記の書籍からです。

仕事はおもしろい―当代きっての実業家が明かす仕事術の神髄!
斎藤 一人
マキノ出版
売り上げランキング: 233,298


【私の評価】★★★★★(94点)



目次

1 「仕事はおもしろい」
2 「義理人情の成功法則」
3 「魅力をつければうまくいく」
4 「自分の限界を超える法」
5 「一瞬で人に好かれる"ほめ道"」
6 「大不況を生き抜く知恵」
7 「仕事はおもしろい 楽しい実践例」


著者紹介

 斎藤 一人(さいとう ひとり)・・・1948年生まれ。銀座まるかん創業者。1993年から11年間連続で全国高額納税者番付10位以内。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: