本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「人生に成功したい人が読む本(CD付)」斎藤 一人

(2014年8月18日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

人生に成功したい人が読む本

【私の評価】★★★★★(90点)


■最近の一人さんは、
 「えばっちゃいけねえ、
 なめられちゃいけねえ

 ということを強調されます。


 その意味は、
 威張るのはカッコ悪い。


 けれども、絶対に
 ナメられてはいけない、
 ということです。


・もし、みんなが全員、オレの部下だとするじゃない?・・・一個だけ言えることがあるの、実社会で。ナメられたらダメなんだよ。これはゼッタイ、ダメなんだよ。(p144)


■ナメられているということは、
 自分を貶めているということ。


 自分にとっては
 自分を幸せにすることが最重要ですから、
 自分を否定する人とは付き合えない。


 結果して、その人を
 切ることになってしまいます。


 本来であれば、指導者として、
 成長しあう関係であるはずなのに、
 自分がしっかりしないから、
 相手にナメられてしまう。


 自分のためにも、
 相手のためにもなりませんね。


・部下が最近、自分に結構、わがままを・・・「それはおまえの仕事なんだ、オレに頼んじゃイケないんだぞ」って明確に教えてあげなきゃイケない。なぜなら、あなたは指導者だから・・・「オレがやさしいからって、なんでも、わがまま、言ってもいいんじゃないゾ」って言えばいいの。(p132)


■一つ勇気をもらったような気がしました。


 人はそれぞれ違うから、
 自分でその壁を超える方法を
 見つけなくてはならないと
 一人さんはいいます。


 その方法は、人それぞれ違うのです。
 確かにそのとおりですね。


 一人さん、
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・人間ってね、なにをするのにも、オドオドしてちゃダメなんだよ。・・・オドオドびくびく波動が出るの。(p73)


・人間って、自分の地を出して、好かれる人間になることだよな。・・・地を出して好かれる人間になるために、オレたち生まれてきてるんだよ(p123)


・オレが大好きなものは、一番は仕事。二番目は酒で、三番目が女。・・・好きなものとか、やりたいことは減らす必要はないよ。逆に、段々、増やしていくの。(p16)


・お客さんとは、お金をくれる人。だから、サラリーマンだったら、いちばんのお客さんは社長。その社長が本当に喜ぶことを考えて行動すれば、そこの職場でかけがえのない存在になり、必ず出世する(p21)


・いいかい、仕事というのは、ゲームみたいなものなんだよ。・・・目標の1000個にいかなかったら、自分がヘタくそだと思えばいい。・・・わかれば、そのときから、脳が勝手に改良点を探し出すようにできてるの。(p85)


・この星は行動の星。思って行動しないとダメなんだよな・・・目の前の、今すぐできることを一つひとつやっていくと、いつのまにか到達するんだよ(p31)


人生に成功したい人が読む本
人生に成功したい人が読む本
posted with Amazonアソシエイト at 14.08.17
斎藤 一人
PHP研究所
売り上げランキング: 53,843


【私の評価】★★★★★(90点)



■目次

第1章 今ここに燃えて生きよう!夢描き歩こう、成功の道
第2章 世間の声を聞くか、神の声を聞くか
第3章 欲と勇気と、挑戦と
第4章 ナメられない生きかた


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: