★2生き方の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★☆☆☆(67点) ■自分さえよければいい、  という人は未熟です。  といいながら、  自分の価値で人を  判断する本です。  よくわかりませんが、  人にはいろいろな価値感が  あるのでしょう。 ■昔と今の価値観は  変わってきていますので、  それぞれの価値...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(67点) ■東京大学を卒業し、  経済産業省のエリートであった著者が、  勘違いして独立してしまったという一冊。  びっくりしましたが、  自分の実力を  過信していたようです。 ・肩書きを捨て、その先には待っていたのは、  「自由の楽園」ではなく  「...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(67点) ■アドラーは、  人を叱ってはいけない、し、  ほめてもいけない、という。  なぜなら、  ほめたり叱ったりして育てると、  人に操作されやすい  人間になってしまうから。  そうした教えに従った結果、  自分の教える学校が荒れ、  生徒に舐め...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点) ■"愛"とは何かと  考える一冊です。  "愛"とは、優しい、ことでは  ありません。  ただ、そこにあること。 ・関わり、それが、愛だからです(p12) ■"愛"とは、追いかけると、  逃げていくもの。  求めると、遠ざかる。  自然に生きる...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点) ■アドラー流とは、20世紀初頭に生きた  オーストリアの精神科医・心理学者  アルフレッド・アドラーのことです。  アドラーの関係図書から推察すると、  アドラー心理学とはこんなかんじ。  悩みはすべて人間関係にあること。  相手に褒められるた...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(63点) ■著者のヒューレンさんは、  ハワイで問題解決方法として伝わる  ホ・オポノポノの発展型  セルファイデンティティ・ホ・オポノポノを  広げています。  まず、伝統的なホ・オポノポノは、  関係する人がまとめ役を中心に  問題について議論して、...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(69点) ■作家の曽野さんは、  「やればできる」  と聞いて、  「それはウソだ。私は騙されないぞ!」  と思ったという。  人には限界というものがあって、  「やってもできない」  ものもあるということです。  私には、  どちらも正しいように聞こえ...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(63点) ■テルマエ・ロマエで風呂をテーマに  古代ローマと日本を比較したヤマザキさんの一冊。  ブログを本にしたのですね。  単なる日記の延長でした。    良い本をありがとうございました。 ──────────────────────────────...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点) ■お金がなく働きづめの人生は、  さびしいものがあります。  では、お金があって、  働かなくなれば、  幸せなのでしょうか。 ■お金持ちになっても、  不幸な人はたくさんいます。  暇を持て余したり、  本当の友人がいないなど、  思ったより...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(69点) ■前参議院議員の田村さんの一冊です。  ランド研究所の研究員もされています。  海外に人脈のある方なので、  国際政治について教えていただきたいですね。  田村 さん、  良い本をありがとうございました。 ───────────────────...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点) ■ハーバード流幸せの法則です。    自分にコントロールできることと  コントロールできないことを分ける。  目標は小さく分割する。  成功法則そのものですね。 ・まず達成可能な小さなゴールに注目して  コントロール感覚を取り戻し、  それから...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点) ■ずぶとい川北さんの生き方を学びます。  ずぶとい人は、  いつでもどこでも発言します。  環境によって  左右されません。  どちらかというと、  自分で環境を変えてしまうのです。 ・自分で考えたことを会議で発言し、  人前で話す機会を増やす...
続きを読む
「購買選択の心理学」バリー・シュワルツ、ダイレクト出版 【私の評価】★★☆☆☆(63点) ■選択肢の多い現代社会。  私たちは幸せに生きていけるはずですが、  実際にはそうなっていない。  これは、テレビのチャンネルが100個あるよりも  チャンネルが6つのほうが、面倒くさくな...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(67点) ■この本では、「誤努力家」という言葉が出てきます。  「誤努力家」とは、  間違った努力をする人。  つまり、人から認められたい一心で  努力をする人です。  親にほめられたいから勉強する、  上司に評価されたいから仕事をする、  といったイメ...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点) ■非常に良いことを教えてくれる一冊なのですが、  あまりにわかりにくい!?  わかりやすいところを紹介すれば、  自分が楽しいことに注力すれば楽しくなる。  反対に、嫌なことを避ければ、  嫌なことを引き寄せる、ということです。  例えば、まさ...
続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む