本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「定年後からの孤独入門」 河合薫

(2020年5月 2日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★☆☆☆(68点)


■定年後は悠々自適の生活をイメージする人が
 多いようですが、実際に定年になると、
 暇を持て余す人が多いらしい。


 これは、日々やるべきことが
 消滅してしまったことで、
 自分の存在意義が消滅してしまった
 ように感じるからなのでしょう。


・あえて健康社会的に定年を定義すると、「ルーティンが断ち切られる日」と位置付けることができる(p42)


■そうした状態にならないためには、
 いろいろなジャンルのなかで
 緩いつながりを作ることだという。


 例えば資格勉強のための専門学校、
 町内会、ボランティアの団体など
 人とのつながりはあるものです。


 自らそうした世界を作っておくことが、
 定年後に大事になるのでしょう。


 河合さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・有意味感があれば、属性や肩書ではなく自らの名で自分を呼べるようになる・・・「意味がある」という感覚は、自分の仕事などに向かられることもあれば、自分の存在意義そのものに向けられることもある(p9)


・「家庭」「仕事」「健康」という3つの幸せのボールを、ジャクリングのように回し続けることで、私たちは自分らしい幸せな人生を歩むことが可能なのだ(p103)


・「どうせやっても報われないのだから、適当にこなせばいい」と割り切った働き方をすると次第に自分の存在意義がぼやけ、ますます仕事がつまらなくなる。逆に、あれこれ考えず無心に取り組むと暗闇に光が差し込むものだ(p89)


・男性はコミュニケーションで「解決」を目的にするが、女性は「共感」がゴールだ(p75)


・他者は変えられないけど他者との関係性を変えることはできる(p184)


・正論おじさんやキレる老人が目立つようになったのも、それだけ高齢者が増えたことによるものなのだろう(p69)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★☆☆☆(68点)



■目次

第1章 古戦場巡りで気づく〝ぼっち〟の世界――ルーティンの喪失
第2章 塩漬けおじさんが定年で失敗する理由――定年ぼっちになる人・ならない人
第3章 ボッチは定年前から始まっている――有意味感
第4章 死ぬより怖い「ぼっち」の世界――アイデンティティの喪失
第5章 人生に意味を作る


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 




この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: