本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「臆病ネコの文章教室」川上 徹也

(2020年5月 1日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★★☆(80点)


■コピーライター・広告のプロが教える
 心理学を利用した
 人を動かす文章術です。


 タイトルに「臆病ネコ」とあるように
 「自己主張ができない弱気さん」
 向けの本であるとしています。


 これもターゲットとする顧客を
 絞り込むというマーケティングの
 基本を活用しているのでしょう。


 テクニックの説明は、
 それぞれ事例を示しての
 羅列的なものとなります。


・企画書や依頼文には、何よりもまずその「目的」や「目標」、「理由」をきっちり書くこと・・・理由はたいしたものじゃなくて大丈夫(p74)


■こうした人を動かす心理学は
 欧米で活用されている
 イメージがあります。


 例えば、臓器提供意思同意率は
 日本は12.7%ですが、オーストリア、
 ベルギー、フランス、ポーランド、
 ハンガリーなどではほぼ100%です。


 これらの国では臓器提供をデフォルトに
 してして、提供しない場合に意思を
 表明する仕組みだから100%なのです。


 そういう意味では、日本では
 臓器提供者が減るように心理学的に
 操作しているとも言えるのでしょう。


・選択肢が1つしかない案内ではなく
 □・・ネコと楽しく遊べるイベントに参加します
 □・・ネコと楽しく遊べるイベントに参加しません
 と、不参加の場合も意思表示をしなければならないようにするとともに、楽しいイベントなのに参加しないの?という「暗示」をかける(p142)


■心理学のテクニックは、
 ナイフと同じように
 良いことにも活用できるし、
 悪いことにも活用できます。


 だからこそ多くの人に
 心理学のテクニックを知ってもらい
 良いことに活用してもらいたい
 と思いました。


 川上さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・イギリスでは税金の未納者が多く・・・回収できた未納金はたったの57%・・・ワンフレーズを加えただけで、回収率が86%に上がったのです・・「大多数のイギリス国民は税金を支払っています」(p18)


・先行刺激(プライミング)効果・・・いつ予防接種に行くか、どのルートを通って医療センターに行くかを決めるよう求めました。たったこれだけの先行刺激により、予防接種の受診率はなんと28%と9倍に増えたのです(p269)


・未来ロックイン効果・・・それぞれの政策に対して、「翌月実施する」場合と「4年後に実施する」場合に分けて、「支持する」「支持しない」を・・評価してもらいました・・4年後の実施の場合は大幅なプラスとなりました(p305)


・社会的証明の原理・・・
 1省エネをしてお金を節約しよう
 2省エネをして環境を保護しよう
 3省エネをして未来の世代のためになろう
 4ご近所と一緒に省エネしよう・・・
 実はこの4を配ったグループだけが、大幅に電力を節約したのです(p287)


・「繰り返し効果」・・・「大学の就職支援サービスへの参加」のお願いをする実験をしたところ、対面で1回だけお願いするよりも、少し間をあけてメールで同じお願いをした方が、承諾の割合が上がる(p67)


・「謎かけ効果」を使えば文章を最後まで読んでもらえる・・・土星の輪は一体何でできているのだろう?(p211)


・「弱み」が「セールスポイント」になる・・ハインツのケチャップには、ガラス製だった瓶からなかなかケチャップが出てこないという弱点があった・・・「ハインツのケチャップはおいしさが濃いので、ビンからなかなか出てきません」(p89)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです。

川上 徹也、SBクリエイティブ


【私の評価】★★★★☆(80点)


[楽天ブックスで購入する]



■目次

Chapter1 一瞬でYESを引き出す文章術
Chapter2 思い通りの選択をさせる文章術
Chapter3 売れないものを瞬時に売る文章術
Chapter4 印象を大きく変える文章術


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: