本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「まんが 超訳「論語と算盤」」渋沢栄一, 守屋淳

(2020年2月 1日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★☆☆☆(68点)


内容と感想

■論語と算盤ということで渋沢栄一が
 出てくると思ったら竹田和平さんが
 登場してびっくり。


 金儲けと道徳は両立するというのが
 渋沢栄一の考え方でした。
 竹田和平さんも応援したいしっかりした
 中小企業を投資家として支援していたのです。


■まんがで薄さが気になりました。


 まずは入門編ということで手にして
 いただくことに価値があるのでしょう。


 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・最初に、自分の長所と短所をしっかりと分析して、明確にする。そして自分が最も得意なことで目標や志を決めます。次に、今自分がいる環境が自分の志を実現しやすいのかどうかの判断も大切です(p145)


・富みながらかつ仁義を行い得る例は沢山ある(p148)


・貴賎に関係なく、人が「王道」、つまり人徳にのっとって生きること(p154)


・多くの人々は、成功や失敗を強く意識しています・・しかし、それらは本来、生きるためには必要のないことなのです。自分の命の実質的な価値に比べたら、お金や財産という成果はカスに等しいと栄一は言っています(p162)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


▼引用は下記の書籍からです。

渋沢栄一, 守屋淳、光文社


【私の評価】★★☆☆☆(68点)


[楽天ブックスで購入する]


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


目次

プロローグ 出会い
第1章 僕の「本分」って何だろう?-処世と信条-
第2章 大きな志と小さな志-立志と学問-
第3章 「智、情、意」3つのバランス-常識と習慣-
第4章 できることをコツコツと-仁義と富貴-
第5章 「ワクワクすること」の強さ-理想と迷信-
第6章 「行動」を通して自分を磨く-人格と修養-
第7章 私利私欲より社会の利益-算盤と権利-
第8章 「武士道」で「信用」を得る-実業と士道-
第9章 不安な時期にこそすべきこと-教育と情誼-
第10章 人事を尽くして天命を待つ-成敗と運命-


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: