本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「図解 渋沢栄一と「論語と算盤」」齋藤孝

(2020年7月30日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(82点)


内容と感想

■2024年から1万円札が福沢諭吉から
 渋沢栄一に変わるということで
 手にした一冊です。


 100ドル札は建国時に活躍した
 ベンジャミンフランクリンですから
 渋沢栄一も「日本資本主義の父」と
 相応の評価だと思います。


 渋沢栄一は大蔵省で租税改正、度量衡の改正
 貨幣改革、藩札の処理、鉄道施設、全国測量
 などを手掛けています。


 メートル法を導入したのは
 渋沢栄一なのか・・・と考えると
 感慨深いものです。


・パリ万博(1869(慶応3)年)で多くのものを吸収し、西洋の資本主義のシステムを学び、学んだことを実践につなけることの連続でした(p8)


■民間に下野してからは第一国立銀行、
 製紙会社、東京ガス、東京電灯、日本鉄道、
 東京海上保険、大阪紡績、共同運輸会社など
 多くの会社を作っている。


 恐るべき実績です。


 大蔵省では方針が合わずに辞めますが、
 民間に下っても自分の考えを、実行し、
 現在の日本を創ったといっても
 過言ではないでしょう。


 目の前に成功した西欧諸国が存在し、
 いかに西欧に追いつくのか、
 その一点に向けて行動していたようです。


・(栄一は)大蔵省を辞めます。1873(明治6)年、33歳のときでした。その理由としては、大蔵卿(大蔵大臣)の大久保利通への不信がありました・・・あとに大蔵卿に就いた大隈重信とは財政政策をめぐって対立しました。しかしこうした理由以上に、民間人となって成し遂げたいことがありました(p54)


■渋沢栄一が目指した「すべての人が
 お金を出し合って会社をつくり、
 会社の利益をすべての人で分配する」
 社会は実現したようです。


 なぜなら資本主義として、
 誰もが会社の株式を購入できる
 時代だからです。


 「大企業だけが儲けている!」と思うなら、
 大企業の株を買えば、大企業の所有者と
 なれる時代なのです。


 図解で入門編としてわかりやすい一冊でした。
 渋沢栄一はもう少し調べてきたいと思いました。
 こうご期待。


 齋藤さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・私が行ったのは、みんながお金を少しずつ出し合って会社をつくり、そこで得た利益をみんなが受け取れるようにすることだった・・・合本組織(p4)


・ベルギー国王レオポルド1世との出会い・・・「鉄は国富のバロメーターです。ぜひベルギーの鉄を買ってください」武士が金のことを語るのは卑しいという考えがあったため、国王自らが商談に加わるのは驚きだった(p45)


・実績があって志のある人をぽんと引き抜いて大蔵省の仕事をさせ、やがて、その人間を大蔵大臣にしようではないかという流れすらできるのです(栄一を大蔵大臣にという構想がありました)。有能な人物であれば躊躇なく登用(p50)


・逆境を乗り越えるには・・・渋沢栄一はアドバイスします・・・「逆境というのは必ずあるものだから、まずは、それが人為的な逆境なのか、自然的な逆境なのかを区別しよう」自然的な逆境の場合は、その状況を受け入れて勉強しながらチャンスを待ち、人為的な逆境の場合は、反省して悪い点を改めます(p82)


・栄一は、「とにかくチャレンジしてみよう」「夢を追いかけ続けよう」などとは言いません。<渋沢の分を守る>という言い方をしています。これは蟹のように自分に見合った穴を掘るということです(p85)


・渋沢栄一は「人の行いの善し悪しを判断するには、志と所作をよく見なくてはいけない」と言います。さらに仕事については、「いかに所作が巧みでも、誠意のない人とは一緒に仕事ができない」と言っています(p106)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

齋藤孝、フォレスト出版


【私の評価】★★★★☆(82点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

まえがき なぜ今、「渋沢栄一」なのか?
Chapter 1 『論語と算盤』がもっと面白くなる渋沢栄一の人生
Chapter 2 今だからこそ胸に刻みたい『論語と算盤』の教え
Chapter 3 渋沢栄一の関連人物から読む『論語と算盤』


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: