本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「巨人・渋沢栄一の「富を築く100の教え」」渋澤 健

(2007年6月25日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(88点)


内容と感想

●私は日本の経営者の巨人としては、
 渋沢栄一と松下幸之助が思い浮かびます。


 渋沢栄一は、明治初期に
 500社もの企業の設立に関係し、
 日本近代国家の基礎を作った偉人です。


・王子製紙、東京海上保険、日本郵船、清水建設、東京電力、東京ガス、東京石川島造船所、帝国ホテル、東京製鐵、札幌麦酒会社、帝国劇場(現東宝)、日本興行銀行・・・(p22)


●その教えは、松下幸之助と
 共通点があるように感じました。


 それは、営利事業というものは、
 個人の活動ではあるものの、
 実際には公的なものであるという意識です。


・個人を利すると共に国家社会も利する事業なるや否やを知ること・・・(p186)


●そして、理想を持ち、
 着実に実行していく。


 こうした成功法則の基本は、
 当然のこととして書いてあります。


・自分が信じぬことは言わず、知った以上は必ず行うという念が強くなれば、自然に言語は寡黙になり、行為は敏捷になるものである。(p60)


●また、松下幸之助は、理外の理といって、
 説明しにくいのだけれども、
 現実はそうなっているという知恵を
 経営者は持たなくてはならないとしていました。


 この本でも、「ゆっくり急ぐ」というような、
 わかったようなわからないような
 ことばがでてきます。


 渋沢栄一には、その理外の理を
 数多く知っていたのではないかと
 感じました。


・真似はその形を真似ずして、その心を真似よ。(p44)


●もはや渋沢栄一に会えない以上、こうした本で、
 渋沢栄一の考え方を学ぶのは貴重だと感じました。
 ★4つ(88点)とします。


この本で私が共感したところ


・およそ目的には、理想が伴わねばならない。その理想を実現するのが、人の務めである。(p46)


・世人は、一もニもなく彼を順境の人と思うであろうが、実は順境でも逆境でもなく、その人自らの力でそういう境遇を作り出したに過ぎない。(p94)


・すべて世の中の事は、もうこれで満足だという時は、すなわち衰える時である。(p96)


・何事にも熱情なき人がある。・・・その種の人が多くなればすなわち国は必ず滅ぶ。(p198)


・金はそれ自身に善悪を判別するの力はない、善人がこれをもてば善くなる、悪人がこれをもてば悪くなる。(p238)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★★★☆(88点)



著者紹介

渋澤 健(しぶさわ けん)・・・1961年生まれ。渋澤栄一の5代目の子孫。小学校2年生で父の転勤で渡米。1983年テキサス大学を卒業。1987年UCLA経営大学院を修了、MBA取得。その後、JPモルガン、ゴールドマン・サックス、ヘッジファンドのムーア・キャピタル・マネジメントなどを経て、2001年投資コンサルティング会社シブサワ・アンド・カンパニーを設立。2007年、コモンズ株式会社創業。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: