本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「孔子 人間、どこまで大きくなれるか」渋沢栄一・竹内均

(2005年4月29日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(86点)


内容と感想

●日本初の銀行を作った人、
 日本初の製紙会社を作った人、
 日本初の株式会社を作った人、
 日本初の・・・・・・。


 渋沢栄一は、
 明治初期の日本の骨格を
 作った人といえるでしょう。


●企業を作り国を富ませることが、
 明治維新後の日本の急務であることを
 知っている渋沢栄一は
 安定した役人をやめ、
 実業会に身を投げます。


・すべて何事にも論より実行だ。実行の伴わない論は、どれほどの筋道の立った論でも役立たない。(p24)


●そして実際に実業界において、
 日本初の第一銀行をはじめ五百とも
 言われる数多くの企業を
 立ち上げていくことになるのです。


・広く民に施そうとすれば財産がなければならず、大衆を救おうとすればこれまた資本が必要だ。何事をするにも先立つものはやはり金銭である。(p106)


●この本は読んでいて
 「疲れる~」というのが率直な感想です。


 量もさることながら、
 一つひとつの項目が考えさせられますので、
 読みきるのに時間がかかりました。


 つまり、疲れるといっても
 「考えさせられる」
 という良い意味での疲れるのです。


・孟子は、「敵国外患なきものは国恒(つね)に亡ぶ」と言っている。まさにその通りである。国家が健全は発達を遂げるためには、農業でも商工業でも学術技能でも、外交上においても常に他の外国と競争して勝つという意気込みがなければならない。(p78)


●論語を通じて幅広い視点について
 渋沢栄一の考え方を理解することのできる
 良書だと思います。


この本で私が共感したところ

・学問が優秀で働きが多い者はその所得は増加し、学問が低劣で労働が少ない者は、その収益が減少するのは当然だ。この自然の成り行きに逆らって万人一律としたら、人々は学問を怠り、仕事を怠って社会は退歩してしまう(p59)


・年の若い元気の充満している青年が、一にも円満、二にも争いを避けようというような精神で世に立つと、自然卑屈に流れてしまうであろう(p82)


・恩恵だけでは人がこれになれてダメになると同時に威圧だけでは人がこれを嫌って心服しないものである。(p120)


・私は倹約であると同時に、必要な事業には大いに積極的でありたいと思う。(p128)


▼引用は下記の書籍からです。


【私の評価】★★★★☆(86点)



この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


無料メルマガ「1分間書評!【一日一冊:人生の智恵】」
まぐまぐ殿堂入り、発行部数11,000部
メルマガ登録ホームページ発行者の日記


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: