本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「遺伝子の社会」イタイ・ヤナイ、マルティン・レルヒャー

(2020年1月31日)|

【私の評価】★★★★☆(80点)


■ヒトの全ゲノムが解析されたのが
 2003年。今ではひとりの全ゲノム解析が
 20万円・3日でできてしまうという。


 ヒトのゲノムはほとんどが同じですが、
 細かいところに変異があり、
 人それぞれ違う多様性を持っています。


 その多様性を分析すると、
 ヒトがアフリカで生まれて
 ヨーロッパ、アジア、北アメリカと
 移動していったことがわかるという。


 特に、ヒトが生まれたアフリカでは
 歴史が長いぶんだけ変異が多く、
 遺伝的な多様性が桁違いに多いのです。


・アフリカの外より中のほうが遺伝的多様性が豊かである・・能力云々の問題ではなくアフリカ人のほうが変異の種類が多いので、どんなことであっても、最高に優れた遺伝的要因を持つ人は、アフリカ大陸のどこかに住んでいる可能性が高いのだ(p123)


■面白いのは、インフルエンザや
 コロナウイルスと同じように
 ヒトも変異していくということ。


 様々な変異をしながら、
 環境に適したものが
 自然選択で増えていく。


 ウイルスも環境に適したものが
 爆発的に増えていくのと
 同じことなのです。


 ヒトのニュータイプが生まれて
 自然選択により増殖して、
 古いヒトと入れ替わるというのは
 夢物語ではないのです。


・進化のタイムスケジュールで見ると、一万年前に起きた牧畜は、つい最近の出来事だ。現在では、ヨーロッパ人に乳糖耐性が生じたのは、過去3000年~4000年の間だという有力な証拠が挙がっている(p117)


■簡単に自分の遺伝子を調べ、
 遺伝子を操作できる時代に
 私たちは住んでいます。


 ヒトがどこから来たのかというのは
 ナゾですが、これからも生物の
 仕組みの秘密はどんどん
 分かってくるのでしょう。
 良い時代に生まれました。


 ヤナイさん、
 良い本をありがとうございました。

───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・細胞がタンパク質を作るには、DNA配列(アルファベット4文字)をタンパク質配列(アルファベット20文字)に翻訳する必要がある。わずかな違いはあるが、この翻訳のルールは地球上の全生物に共通する。これが、地球上に生命が誕生したのは一度だけだとわたしたちが確信する理由だ(p57)


・キリンや人間など多細胞生物では、首(その他、あらゆる部位)の変化は、その部位の細胞に蓄積される情報にのみ影響する。その情報は、子宮や睾丸のゲノムには決して伝わらず、したがって、遺伝するはずもないのだ・・変化は環境との相互作用を通じて生じる・・(p67)


・皮膚がんを防ぎつつ、ビタミンDを十分に生成する。この療法の目的のために必要十分な紫外線を肌が通すように、肌の色素の量は調整されてきた。この「調整」を行ったのは、自然選択である(p112)


・古いジョークがある・・男性のファッションモデルが女性の物理学者と出会った。「結婚しよう」と彼。「ぼくたちの子どもはきっと、ぼくのように美しく、あなたのように賢いだろう」。彼女はこう答えた。「でも、逆になったらどうするの?」(p71)


・非アフリカ系のヒトのゲノムにネアンデルタール人のDNAが存在することは、ほんの10万年前には、ヒトとネアンデルタール人は生殖能力のある子どもを持てたことを示している(p162)


・ヒトの第二染色体は、チンパンジーのゲノムにある二本の短い染色体が組み合わさったもの・・両者の共通の祖先は(およそ600万年前に)チンパンジーのような染色体を持っていたが、ヒトが進化する過程で、そのうちの二つが偶然くっついた(p150)


・生物学者のリン・マーギュリスは、1970年に大胆な仮説を発表した。ミトコンドリアは、元は独立した真正最近だった、というのだ。真核生物の細胞が、その進化の初期に真正細菌を飲み込んだが、消化せず、細胞内でそれが生き、分裂し、増殖することを許した(p228)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ



イタイ・ヤナイ、マルティン・レルヒャー、NTT出版

【私の評価】★★★★☆(80点)


[楽天ブックスで購入する]

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


■目次

第1章 八つの簡単なステップを経て進化するガン
第2章 敵はあなたをどう見ているか
第3章 有性生殖(セックス)の目的は何か?
第4章 クリントン・パラドックス
第5章 複雑な社会に暮らす放埒な遺伝子たち
第6章 チューマン・ショウ
第7章 問題は使い方にある
第8章 窃盗、模倣、革新の根
第9章 物陰の知られざる秘密
第10章 フリーローダーとの勝ち目のない戦い



メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: