本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「ブッダのことば―スッタニパータ 」中村 元(翻訳)

(2019年6月 9日)|

【私の評価】★★☆☆☆(66点)


■仏教聖典のなかで最も古いものと言われる
 スッタニパータの日本語訳です。


 ゴータマ・ブッダ(釈尊)の教えを
 弟子たちが簡潔にまとめたもの
 であるという。


 ブッダが自分の欲望を捨てることを
 繰り返し説いていることがわかりました。


■悪い習慣を蛇の皮を脱ぎ捨てるように
 捨てなさいという比喩が印象的でした。


 欲を捨てられないのが
 人間なのですが、
 これが宗教なのでしょう。


 翻訳の中村さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・悪い習性がいささかも在することなく、悪の根を抜き取った修行者は、この世とかの世とをともに捨て去る。蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである(p13)


・子のある者は子について憂い、また牛のある者は牛について憂う。実に人間の憂いは執着するもとのものである。執着するもとのもののない人は、憂うることがない(p17)


・今のひとびとは自分の利益のために交わりを結び、また他人に奉仕する。今日、利益をめざさない友は、得がたい。自分の利益のみを知る人間は、きたならしい。犀の角のようにただ独り歩め(p22)


・おびたただいい富あり、黄金あり、食物ある人が、ひとりおいしいものを食べるならば、これは破滅への門である(p30)


・能力あり、直く、正しく、ことばやさしく、柔和で、思い上がることのない者であらねばならぬ(p37)


・信仰あり在家の生活を営む人に、誠実、真理、堅固、施与というこれらの四種類の徳があれば、かれは来世に至って憂えることがない(p45)


・心が沈んでしまってはいけない。またやたらに多くのことを考えてはいけない。腥(なまぐさ)い臭気なく、こだわることなく、清らかな行いを究極の理想とせよ(p155)


・これ(マンシんによって『自分は勝れている』と思ってはならない。『自分は劣っている』とか、また『自分は等しい』とか思ってはならない。いろいろの質問を受けても、自己を妄想せずにおれ(p200)



中村 元(翻訳)、岩波書店

【私の評価】★★☆☆☆(66点)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


■目次

第1 蛇の章
第2 小なる章
第3 大いなる章
第4 八つの詩句の章
第5 彼岸に至る道の章


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
配信は『まぐまぐ』を使用。


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: