本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「「いつでも転職できる」を武器にする 市場価値に左右されない「自分軸」の作り方」松本利明

(2019年6月10日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

「いつでも転職できる」を武器にする 市場価値に左右されない「自分軸」の作り方


【私の評価】★★★★★(91点)


■人事コンサルタントとして
 自分のキャリアをどう考えれば良いのか
 教えてくれる一冊です。


 まず、会社の人事は何を考えて
 いるのか知ることが
 スタートとなります。


 人事では上位10%程度を
 育成対象として戦略的に
 ジョブローテーションを行います。
 他の人は玉突き人事となります。


 育成対象以外は、
 引き抜きが当たり前の時代ですから、
 ライバル企業に引き抜かれない程度の
 待遇を準備しています。


・会社で必要とされて選抜される者は「全体の5%」程度です。その候補を入れても約10%。計15%の人材のみ、戦略的にジョブローテーションやアサインをして「育成する対象」になる(p11)


■そうした中で自分の特徴を出す方法は、
 優秀さを磨くというよりも
 「ありがとう」を集めることらしい。


 つまり、
 営業なら趣味の人脈を持っている。
 研究職なら特許に詳しくなり、
 仲間に助言する。


 仕事プラスアルファのところで
 周囲の人の「ありがとう」を
 もらえる立場になるのです。


・外資系生命保険会社で日本トップを毎年とる営業・・営業するよりパーティの企画、運営の主催をして周りを楽しませている人が圧倒的に多い(p49)


■また、うまくいっている人は、
 自分の得意なジャンルの仕事に
 集中しているらしい。


 つまり、新規事業立ち上げが得意なら
 新規事業の職場を転々とする。
 安定事業のコスト削減が得意なら
 そうした仕事のある職場に移るのです。


 人事やキャリアの考え方が
 よくわかりました。


 松本さん、
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・事業のライフサイクル「導入」「成功」「安定」「衰退・再展開」のどのフェーズが自分にあっているかを知り、そこから出ずに異動や転職をする(p78)


・自分の欠点やコンプレックスを書き出し、いい意味で書き換えてみましょう・・・「苦手なことを書き出す」・・・・新規開拓が苦手→リピートが得意(p140)


・導入期の人材が、子会社等で新規ビジネスを立ち上げることは美味しい・・・大企業は根回しさえすれば、数億円以上の大きな予算を平社員でも動かすことができます(p108)


・エリートは子会社に出向して経営課題を解決することで経営感覚を高める訓練をする・・転職市場ではエリートに見えます(p124)


・仕事で大失敗をしてしまった時・・・逆に大きなチャンスと捉えましょう。この危機をリードして乗り切るのです・・大失敗は永遠に続きません。一生の中ではほんの一瞬です・・自分を責めてはだめです・・・「どうすれば解決する」・・だけを考えましょう(p259)


・「大人の自己紹介」・・・
 ・過去:価値を提供できる根拠となる役割や実績・・
 ・現在:今どんな仕事をしているか・・
 ・未来・・相手にどんな価値を提供できるか(p166)


・就活時・・ピッタリのエピソードがなければ・・・今から作ればいいのです(p186)


・転職先を見切る・・・それだけ条件がいいのに、なぜ、人を募集しているのか。何か裏の理由がないか探っておいた方が安全です(p238)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


▼引用は下記の書籍からです。

「いつでも転職できる」を武器にする 市場価値に左右されない「自分軸」の作り方
松本 利明
KADOKAWA (2019-04-27)
売り上げランキング: 888


【私の評価】★★★★★(91点)


[楽天ブックスで購入する]



■目次

1章 「日本の転職」の前提が全て変わってしまった
2章 自分軸にあった市場を見極める
3章 自分軸で売れるキャラを確立する
4章 自分軸で市場価値をつくれるようになる
5章 自分軸で強くなる――転職しない時にやり続けること
6章 永久保存版 自分軸で活躍する判断基準を身に付ける



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: