人生を変えるほど感動する本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「ローマはなぜ滅んだか」弓削 達

2019/06/11公開 更新
本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ローマはなぜ滅んだか (講談社現代新書)


【私の評価】★★★☆☆(71点)


要約と感想レビュー

 ローマ史の専門家である著者が、編集部からの「ローマはなぜ滅んだか」というテーマに回答した一冊です。専門家の立場から言えば、ローマ滅亡には多くの要因があり、そんなに簡単には答えられない。ただ、現代と同じように異民族を取り込み拡大したローマにも、異民族を排斥する気分はあったのです。例えば、カルタゴとローマは対立しており、ローマでは反カルタゴをとなえれば愛国者として人気が出たのです。「カルタゴを滅ぼせ」というのが、ローマの右翼の合言葉だったのです。


 ローマは周辺諸国に侵攻し、その地域をローマの属州としてローマに取り込みました。いわゆるグローバル化です。優秀な原住民は、軍人や政治家として抜擢、優遇されるのですが、その反動として、有能な異民族への反発もおこります。これが異民族の排斥です。


 興味深いのは、優秀な異民族(ゲルマン人)を排斥したときに、ローマが衰退したということです。著者は、優秀な異民族がローマから排斥されることによってローマが弱体化し、周辺勢力が相対的に力を持つようになったと仮説を述べています。


・(ゲルマン人の)スティリコ処刑・・・ローマ人兵士がローマ在住の(ゲルマン人)同盟部隊の家族の殺戮の挙に出たのである・・ゲルマン人なるがゆえに排斥すれば、政府によい人材は集まらない・・・西(ローマ)にとって大きな損失を意味した(p209)


 歴史の評価とは、状況証拠からの推測であり、難しいものだと感じました。異民族を排斥したから衰退したのか、衰退したから異民族を排斥したのか。状況が同じであれば、同じような結果が生まれるのか、人の考え方も技術も違うのだから結果は異なるのか。まだまだ歴史を学び続ける必要があるようです。


 ローマ衰退の原因よりも、ローマの実態のほうが面白く読めました。例えば、ローマでは多数の奴隷を使ってぶどうやオリーブを栽培する奴隷制大農場や、大牧畜経営をイタリアで展開したということ。五、六世紀の時代にあって、農業と商工業の収益の比率が、20対1ほどであり、ローマ帝国時代の主産業は農業であり、大部分の市民は農民であること。都市の富裕層や有力者は地主で、地代から富を得ていたのです。


 また、現在の日本の消費税は10%ですが、ローマの属州への課税の最大の収入源は、各州への農産物に対する十分の一税だったのです。この税金を騎士が徴収を請け負い、大きな権益となっていたという。普通のローマで暮らす人は、その日暮らしの貧農だったというのです。


弓削さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・当時ローマ市で、ローマ市民一人がみっともなくない程度で生活しうる最低生活費は、年2万セステルティウスであった・・500万円ということになる(p114)


・ユウェナーリスは、老後に2万セステルティウスの年金利がほしいと言った・・・奴隷二人というのが、年2万で暮らす紳士の最低生活になくてはならない奴隷所有だったわけである(p120)


・ローマ元老院議員と騎士のもう一つの収入源は、属州の都市や従属王に対する貸付金の利息であった。・・・利息は年率12%と規制されたこともあったが、ほとんど守られたことはなく、ブルートゥスについては48%の利息をとったことが伝えられる・・この時代、イタリアでの金利は5%が標準であったから、これは正に高利貸であった(p81)


・ネロは、アフリカ州の半分を所有した6人の地主を殺してその土地を全部手に入れた・・・カリグラ帝(在位37~41)はガリアにいたとき・・富裕者数人を選んでそれらに死刑を課し、その財産を没収・・(p118)


・タキトゥスはここで、平和とは、凶暴性をやわらげ、不精の心をつくり出し、勇気と独立と自由の精神を失わせるもの、と考えている(p192)


▼引用は下記の書籍からです。
ローマはなぜ滅んだか (講談社現代新書)
ローマはなぜ滅んだか (講談社現代新書)
posted with Amazonアソシエイト at 19.06.10
弓削 達
講談社
売り上げランキング: 165,817


【私の評価】★★★☆☆(71点)


目次

権勢の絶頂にあって没落の日を思う
現代世界との構造的類似性
ローマ帝国の繁栄とは何か
「そのとき人類は最も幸福であった」
すべての道はローマに通ず
最大の富豪―皇帝
「食べるために吐き、吐くために食べる」
性の自由を謳歌して
ローマを支えたゲルマン出身者
「周辺」と「中心」の逆転をうけいれられるか



著者紹介

 弓削達(ゆげ とおる)・・・1924年、東京に生まれる。東京商科大学(現、一橋大学)卒業。専攻は経済史、古代ローマ史。経済学博士。神戸大学・東京教育大学助教授、東京大学教授、フェリス女学院大学学長などを歴任。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: